2016年5月12日木曜日

Rhino用CADインポートプラグイン、Datakitのアップデート


CADデータ交換の一流企業であるDatakitが、Rhino CAD インポートプラグインに加えた複数の機能向上を発表しました: このプラグインはアセンブリをRhinoにインポートできるようになり、プラグインバンドルで新しいインポート形式も利用可能です。

DatakitのRhino用CADインポートプラグインは、元のモデルのアセンブリ構造を維持するようになりました。

確かにCrossCad/PlgのプラグインはRhinoユーザーによく知られ、既に数多くのCADファイル形式をRhinoにインポートできるようにしてくれましたが、 最初のアセンブリツリーは保持しなかったことから、最新バージョンではRhinoのレイヤツリーを使うことでインポートしたファイルのアセンブリ構造を変換するよう改良されました。


このソリューションでRhinoユーザーはインポートしたアセンブリの最初のデザインから最大限のデータを保てるようになり、目的のレイヤだけを編集することでそのアセンブリを簡単に手直しすることができます。


DatakitRhinoプラグインのバンドルに CATIA V6 (.3dxml) ファイルのインポートプラグインを追加したことも発表しました。

このプラグインはここ何年か公開はされていましたが、別売りしかありませんでした。Datakitは従来のバンドルに追加費用なしで統合することを決め、完全なRhinoユーザー向けのマルチCADインポートのソリューションにしました。

Rhinoユーザーは11のCADファイルをインポートできるプラグインを従来通りの価格で入手することができます。既に保守契約付きでこのバンドルをお持ちの方も、CATIA V6 インポートの追加機能をすぐにご利用いただくことができます。


0 件のコメント: