2022年8月31日水曜日

Packhunt.io YouTubeチャンネル | Grasshopperの新しいビデオ


長年に渡るRhino&Grasshopperファンで Packhunt.io(クラウドネイティブのパラメトリックプラットフォームでデジタルサービスのマーケットプレイス)開発元である White Lioness technologies が、一連のビデオチュートリアル: Grasshopper Explained Series を通してコミュニティに知識を公開しています。

Grasshopperの知識を深められるYouTubeチャンネルです。どうぞご覧ください。

チャンネルを登録すると新しいビデオの公開時にはお知らせも届きます。

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年8月18日木曜日

Revit for Rhino+GH Users - 新しいオンラインコース

  

Rhino3D.Education では新しいオンラインコースを公開しています: 
"Revit Essentials for Rhino and Grasshopper Users"

新しいオンラインコース、Revit for Rhino+GH Users の作者、Niloofar Zaker の自己紹介: サステナブル建築で修士号を取得したコンピューテーショナルデザイナーで、弊社 McNeelマイアミチームの一員でもあるART認定Rhinoトレーナーです。建築の経験があり、RhinoとGrasshopperを使ったパラメトリックモデリングの実務経験も豊富で、さらにPythonや環境解析、Revit、BIMの指導経験もあります。 このような経験を共有し、皆様にも役立てていただければ幸いです。

新しいコース、"Revit Essentials for Rhino and Grasshopper Users" はまだWIP(ワークインプログレス)のため早期割引きでご利用いただくことができ、週単位で新しいチャプターも追加予定です。

こちらの早期割引きには人気の "Rhino 6 and 7 Intermediate" と "Computational Design with Grasshopper" オンラインコースを含めた 3つのコース全てがセットで$90.00($184.90相当)となっており、期間限定でご購入いただけます。




追加情報: どのコースも完了時には修了証をお受け取りいただけます。今のうちにどうぞご利用ください。



Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。

原文投稿者: Andrés González

2022年8月8日月曜日

Ladybug Tools オンラインコース、10月17-19日(McNeel ヨーロッパ)

 


Ladybug Tools オンラインワークショップ
2022年10月17-19日
10 AM–5 PM CEST
McNeel ヨーロッパ主催(Zoom開催)

Ladybug Tools は環境デザインをサポートする無料アプリケーションのコレクションで、3Dコンピューター支援設計(CAD)インターフェイスを有効なシミュレーションエンジンにつなげてくれます。この3日間のコースは Dosta Tec の共同創始者である Adrian Krężlik と Mateo Barbero が Ladybug Tools と建物の環境パフォーマンスの基礎を、建築家やエンジニアを対象に紹介します。
原文投稿者: Verena Vogler

2022年8月4日木曜日

RhinoでのジュエリーCAD上級テクニック - 本の出版(2022年9月2日)とCADチャレンジ


Jack Meyerが新書、Advanced Jewellery CAD Techniques in Rhino の出版を記念して無料の出版イベントを9月2日(金)にロンドンで開催します。

合わせて "Jack’s Rhino CAD Challenge" も行い、Rhinoで一番トリッキーな課題を持ってイベントに参加すると、無料で本を手に入れるチャンスがあります。 #JacksRhinoCADChallenge

本またはイベントおよびチャレンジのチケットのご購入: cadjewelleryskills.com

原文投稿者: Carlos Pérez

新しいビデオチュートリアル: RFEM 6 with Rhino & Grasshopper


ビデオシリーズ、RFEM 6 with は、Rhino & Grasshopper を使った RFEM 6 でのモデリングについて、複数の例を紹介しています。

無料のオンライントレーニングで、RhinoとGrasshopperの基本的機能の応用方法が、実例を交えた10本のショートビデオで公開されています。



原文投稿者: Carlos Pérez

2022年8月2日火曜日

ジュエリーデザイナー向けの新書


Dana Buscaglia が Rhinoceros 7.0 を使ったジュエリーモデリングのデザインと製作を紹介する2種類の本を出版しました。

詳細...


原文投稿者: Sandy Mcneel

2022年7月29日金曜日

PAZ-BSS-Archicad-Grasshopper


PAZの Building System Specialist Programme は1つの生き方です。集中的な5ヶ月間にエキスパート達から知識を吸収し、Archicad+Grasshopperを使った新しいパラメトリックなBIMの作業法を学びます。その後 PAZ NET の一環として、ビジネスを発展させたり、BSS(ビルディングシステムスペシャリスト)として新部門を立ち上げる等、プロとして成長を続ける機会を得るでしょう。

プログラム中はずっとチームのサポートがあり、参加者の将来を支える非常にパワフルな方法であるプライベートのメンターシップで問題解決、現時点では可能だとは思えないもののデザインにつなげることができるでしょう。

Part I - Hello で始めましょう...


原文投稿者: Carla Sologuren

Rhino 7 で3Dジュエリーをモデリング - オンラインコース

   


ジュエリーを中心にプロダクトデザインにも関わるインダストリアルデザイナーの Dulce Chavez は、弊社 McNeelマイアミチームの一員でもあるART認定Rhinoトレーナーです。


この度オンラインコース、Modeling 3Jewelry with Rhino 7Rhino3D.Educationから公開することができました。

ジュエリーデザインと3Dモデリングの基礎を学んでアイデアを実現につなげられる内容です。


ジュエリー業界は世界的に成長を続けており、新しいアイデアを取り入れた創造性とデザインは欠かせません。Rhino はアイデアに制限のない、極めて重要なデジタルジュエリーモデリング ツールです。

ジュエリーのデザイン、製作、モデリングについて学びたいとお考えの方に最適なコースです。

早期割引を1ヶ月延長しましたので、 この Modeling 3D Jewelry コースとポピュラーな Rhino 6 および Rhino 7 の中級 オンラインコースへの無料アクセスを$49.95(通常$135.90)でご利用いただけます。

この割引きは2022年8月31日で終了します。


追加情報: 完了時には修了証をお受け取りいただけます。

後日スペイン語版も公開予定です。




Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。




原文投稿者: Andrés González

2022年7月28日木曜日

PAZ-BSS-Rhino.Inside.REVIT

PAZ-BSS-Rhino.Inside.REVIT
PAZ Academy (Parametric Academy Zurich)

PAZ's Building System Specialist Programme is a way of life. During five intense months, you'll be absorbing knowledge from experts and learning a new parametric BIM working methodology using Rhino.Inside.Revit. Later on, as part of PAZ NET, you will have the opportunity to continue growing as a professional, developing your own business, or starting a new office department as the main BSS hero.

During the whole program, you'll be supported by their team. Private mentorship is the most powerful way to secure your future, solve any problem, and design what you currently can't imagine as possible.

Start now to be a Building System Specialist in 2023!


Part I - Hello で始めましょう...


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年7月27日水曜日

IAAC建築とデザインのための高度なコンピューテーションの修士プログラム – MaCAD / 2022年10月から2023年7月



The Master in Advanced Computation for Architecture & Design – MaCAD is a unique online program training a new generation of architects, engineers, and designers with the skills that the Architecture, Engineering and Construction (AEC) industry demands nowadays.

The program provides expertise in applying the latest digital software for design simulation, analysis, and optimization of digital data in architecture, offering a broad and advanced theoretical and practical knowledge of computational design.

Based on a Data Driven, Learning by doing and Design by Research methodology, the master offers a unique online educational experience.

In contrast to the traditional online programs, the Master in Advanced Computation for Architecture & Design—a 60 ECTS accredited Master degree consisting of three 15 ECTS postgraduate programs—offers a real-class virtual environment based on a continuous, interactive, and collaborative learning process.

Applications are still open this summer for the next academic year (2022-23 & 2022-24).


原文投稿者: Carlos Pérez

無料ウェビナー: Rhino + Gh 3Dモデリング - 人間工学に基づくマウス

Rhino + Gh 3D Modeling Ergonomic Mouse
無料ウェビナー

2022年8月7日、16:00(UTC/GMT=協定世界時/グリニッジ標準時)

インダストリアルデザインのプロまたは学生で、RhinocerosのサーフェシングやGrasshopperのパラメトリックデザインについてスキルアップをお考えの方に、ライブで行われる無料の Webinar Session 4.0 をお勧めします。様々なサーフェシングテクニックを使い、三角パネルを作成することでGrasshopperでテクスチャを適用し、アトラクターのグラデーションを使ってパターンの深さをコントロールしながら、RhinocerosでロジクールのLift縦型エルゴノミックマウスを3Dモデリングするウェビナーです。

お申し込みの方にはYouTubeストリーミングのリンクと練習ファイルが届きます。どうぞご参加ください。

詳細とお申込み...


原文投稿者: Carla Sologuren

Rhino用プラグイン、Lands Design を使った新しいオンラインコース

    




Rhino用プラグイン、Lands Design を使った新しいオンラインコースを、Rhino3D.Educationから公開しています。

Lands Design は2Dレイアウト、3Dモデル、リアルなイメージやビデオをランドスケープデザイナーに合わせて生成してくれるパワフルなツールです。垂直庭園、グリーンルーフ、緑地を建築エンジニアリングや土木工学のプロジェクトに追加するツールも提供してくれます。

このコースh100%無料ですが、正式な修了証をお受け取りになりたい方は以下の手順に従って進めてください:

1- コースを通して開発したものと同じ最終プロジェクトをご提出ください。

2- 修了証発行の費用をお支払いください。

2022年10月31日まで、修了証発行の費用がこちらのコードで50%になります: LANDS50.

修了証の費用をお支払いいただいた後、プロのインストラクターが提出されたプロジェクトを審査し、評価を行います。基準を全て満たしていた場合、コース修了の承認を受けることができます。





Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。


原文投稿者: Andrés González

2022年7月26日火曜日

Biomimetic Footwear V1.0 - ウェビナー



Biomimetic Footwear V1.0 はパラメトリックモデリングと従来のモデリングを組み合わせ、生物にインスピレーションを得たフットウェアコンセプト、Avant Garde を探索します。

詳細とお申込み...


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年7月25日月曜日

Optimus/Grasshopperインターフェイス(Noesis Solutions)


Optimusは産業界トップレベルのプロセス統合と設計最適化(PIDO)ソフトウェアプラットフォームで、エンジニアリングプロセスの統合、デザイン空間の探索、エンジニアリング最適化、安定性と信頼性のパワフルで幅広い機能がまとめられています。

Grasshopperインターフェイス は、OptimusワークフローのコンポーネントとしてGrasshopperの利用を自動化します。Grasshopper定義のデザインパラメーター(*.ghx ファイル)やシミュレーション設定のパラメーターにユーザーが全てアクセスすることができ、更新されたファイルをRhinocerosに提示することができます。

Optimusは自動的にGrasshopperのデザインパラメーターを変更し、内在するGrasshopperファイルを複合的なDOE、最適化、あるいは安定したデザインワークフローで使えるよう生成・更新してくれます。


原文投稿者: Carlos Pérez

2022年7月23日土曜日

認定Rhinoトレーナー(ART) - 必須トレーニング、 2022年8月29日から9月2日

 


認定Rhinoトレーナー(ART)になることはご自身のプラスになると思われますか?

認定を受けることで、Rhinoトレーニングを提供する他のトレーナーと立ち位置を変えることができます。ARTとしてRhinoを学ぶ弊社のページにクラスのスケジュールを掲載し、ウェブサイトを訪れるRhinoユーザーに見てもらうことができます。このスケジュールはトレーニングのタイプや地域で検索が可能です。


ARTの条件はオンラインクラスへの参加を含みます。


北米および中南米向けの詳細についてはこちらでご覧いただけます:

詳細お申込み概要


全地域のART認定条件こちらをご覧ください。.

ご質問の方は、どうぞメールでお問い合わせください: Mary Ann Fugier


原文投稿者: Mary Ann Fugier

2022年7月22日金曜日

CondorShell V1.0.0-ベータ


構造設計プロセスの初期、ジオメトリを定義するところで一般的なアプローチは2つあります。エンジニアはRhinoとGrasshopperを使って複雑なパラメトリックジオメトリを作ることができますし、あるいはRhino.Insideのパワーを活用してジオメトリを直接Revitに転送することができます。今度はCondorShellを使うことで、エンジニアはジオメトリやデータをRhinoやGrasshopperから簡単に SAFE V20.3.0 へエクスポートできるようになりました。

CondorShell は Artificial Intelligence Optimization Software, LLC(AIOS)からリリースされたばかりのGrasshopperベースのコンポーネントで、CondorShell 1.0.0-ベータが7月15日からダウンロード可能となっています。

CondorShell はBasic(ベーシック)、Pro(プロ)の2つのバージョンがあり、どちらもより効率的なワークフローを確立し、デザイン中の貴重な時間を節約することができます。豊富なドキュメンテーションの他、ショートビデオ、サンプルも含まれ、CondorShellの全コンポーネントの使い方を分かりやすく解説しています。

  • CondorShell Basic: Rhinoのパッケージマネージャーを使うことで利用可能な無料バージョンで、SAFEモデルの作成をサポートする20のコンポーネントが搭載されています。こちらの2分弱のビデオチュートリアルでインストール方法をご覧いただけます。

  • CondorShell Pro: 追加コンポーネントをアンロックし、ご自身のSAFEモデルで複雑なジオメトリを作成しやすくしてくれる54のコンポーネントを提供するCondorShellの機能を全て体験するには、有料バージョンにアップグレードすることができます。

ベータテストの期間中はProバージョンの費用が免除され、デザインのプロがプラグインの完全な機能でテストし、フィードバックを提供できるようになっています。Proバージョンをアクティベートする方法は3分程のビデオチュートリアル、Installing CondorShell でご覧いただけます。

ベータ期間は2022年8月5日までで、それ以降は全てのベータライセンスが期限切れとなります。フィードバックについてはメールでお送りください: support@aiosciv.com


原文投稿者: Carlos Pérez

メタバースのためのRhino&Grasshopper(ニコシア大学)


Students of the department of Architecture ARC at the University of Nicosia participated and have been awarded in the Architecture Category at The Next Top Metaverse Build. A virtual buildathon, competition, and accelerator program helping to spotlight the next wave of Metaverse entrepreneurs and builders. The competition offered the opportunity to build, pitch, and test ideas in front of industry-leading Metaverses, protocols, organizations, and investors. The competition attracted more than 160 international entries, and the awards ceremony was hosted in Decentraland at One Times Square (-106,-119) on 23rd June 2022.

The competition projects were developed during an educational intensive 1-week workshop, titled Metascapes, exploring the potential role of the architectural profession and education during the current development phase of the metaverse. Through undergraduate and postgraduate programs, architecture students at the University of Nicosia are formally exposed to Rhinoceros and its graphical programmingeditor Grasshopper. Using both packages, the students successfully realized custom workflows to translate their projects from a familiar 3D modeling environment to interactive metaverse platforms. The proposals yielded conclusive findings, revealing a fertile ground for further architectural research and involvement with the metaverse.

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年7月14日木曜日

BIM用の新しいプラグイン: day1bim



プラグイン、day1bim Tools はコンピューターを使ったマッシングおよびプログラミングの建築向けツールのセットで、プロジェクトのコンセプトモデルを素早く開発し、基本情報を抽出できるようにしてくれます。現在、food4Rhinoでバージョン1が公開されています。

作り出したコンセプトモデルはシミュレーションや表示に使うことができ、Grasshopperベースの連携でBIM環境のネイティブ要素を生成するようジオメトリをリンクさせることもできます。フレキシブルなモデルで数分以内に視覚化することができ、編集も簡単です。簡単に建築を生み出すというものではなく、BIMに洗練をもたらしてくれます。ダイレクトに、直感的に3Dモデルを改良できるようになり、スクリプトがデータを管理し、ライブアップデートを行ってくれます。

詳細とダウンロード....


原文投稿者: Cécile Lamborot

デジタルジュエリーのエッセンシャルガイド

Rhinoceros 7Grasshopperアルゴリズムを使って簡単にモデルを作成し、Grasshopperパラメーターを使って簡単にシミュレーションや編集、繰り返し、より良い結果を見つけ出すことができるようになります。

詳細...

2022年7月12日火曜日

AECワークフローへ点群を統合するには?


点群データはAEC(建築、エンジニアリング、建設) 専門職にとって圧倒的に可能性を秘めていますが、データの取り扱いは厄介で、Rhinoユーザーにはデータの価値を損なう回避策につながってしまうこともよくあります。

Veesus の Managing Director、Mark Estcourt はこちらのブログで、Veesusの革新的プラグインを使ってRhinoで点群をネイティブに扱いながらワークフローに点群を統合する方法について、彼の考えを紹介しています。



原文投稿者: Carlos Pérez

2022年7月5日火曜日

AA DLAB ロンドン - 2022年9月1-18日


AA DLAB London
2022年9月1-18日

今年で17年目のDLABは、AA London HQのユニークな空気に包まれた 3週間のプログラムになります。

DLAB は高度なコンピューテーショナルデザイン、解析、大規模なプロトタイピングの技術の統合を試みます。プログラムは実質性とパフォーマンスに大きく依存する、これまで積み重ねてきた複雑な建築デザインとファブリケーションプロセスの専門知識を基に引き続き行われます。DLABは国際的評価の高い学術機関や企業、Architectural Association(AA)やザハ・ハディド・アーキテクツを含む幅広いエキスパート - 講師/講演者 - を一堂に集めます。

DLAB で生み出されたリサーチはArchDaily、Archinect、Bustlerを含む国際メディア、相互評価の発表資料、SimAUD(Simulation in Architecture and Urban Design)、eCAADe(Education and research in Computer Aided Architectural Design in Europe)等で公開されています。

DLAB ではプロトタイプ作成や物理的実験のアナログモードと組み合わせてデザイン、解析、ファブリケーションにコンピューターを使った手法を正確に取り入れることで形状、マテリアル、構造の相互関係を探ります。 プログラムの各サイクルはデザインおよびファブリケーション技術の従来型と現代型の今までにない関連付けを通してカスタムメイドの建築プロセスを考案し、リサーチは形状探索、マテリアルコンピューテーション、構造的耐力を統合するロボティックファブリケーション技術を利用して実現する原寸大プロトタイプのデザインとファブリケーションで締めくくられます。

プログラムは2つのステージで構成されます。



原文投稿者: Carlos Pérez

Verisが Veesus Point Clouds for Rhino でデジタル建設のワークフローをスーパーチャージ


Verisはクライアントにトップクオリティの3Dモデルと点群データを届ける必要があったことから、重要な点群ツールが廃止された際にはVeesusと提携し、Veesus Point Clouds for Rhino を使ってリアリティキャプチャツールとデジタルコンストラクションのワークフローを全面的に見直しました。今ではVeesusプラグインを使ってRhinoでネイティブに点群データを扱い、過去最高の結果をクライアントに届けられるようになっています。

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年7月4日月曜日

Fologram Augmented Vision ワークショップ、9月7-9日、バルセロナ(McNeel ヨーロッパ)

 


Fologram Augmented Vision Workshop
2022年9月7-9日
10 AM–6 PM CEST/中央ヨーロッパ夏時間
McNeel ヨーロッパオフィス、スペイン、バルセロナ

Fologram拡張ビジョン ワークショップは3日間の対面コースで、Fologramチームの Gwyllim Jahn、Cameron Newnham、Nick van den Berg が指導を担当します。Rhino、Grasshopper、Fologramツールキット、HoloLens 2 を使い、デザインとファブリケーションに向けたカスタムの複合現実アプリケーションの作成方法が紹介される他、さらに複雑なデザインモデルのファブリケーションに複合現実のユニークな強みが生かせることを認識するデモンストレーションとして、 1:1 のプロトタイプも使われます。



学生/教員向けのお席は限られ、お申込みのメールは弊社McNeel ヨーロッパで受け付けています。



原文投稿者: Verena Vogler

2022年7月1日金曜日

ニューヨークでのAA出張スクール、2022年



 

2022年8月5-13日
ニューヨーク

AA出張スクール(AAVS)はこの夏、世界の革新的機関やトップレベルの事務所の中からデザイナーや研究者を招く素晴らしいプログラムを企画しました。

プラット・インスティテュートと共同で対面で行われる9日間の集中プログラムで、現代の実務におけるアーバンデザインやコンピューテーションへの最適で高度なアプローチを複数カバーします。ワークショップを通し、初心者向けおよび上級向け両方の手法でRhinoとGrasshopperに集中した指導が行われます。

講師やスタッフは Architectural Association(AA)、プラット・インスティテュート、ペンシルベニア大学(UPenn)、マサチューセッツ工科大学(MIT)、レンセラー工科大学、香港大学、ミュンヘン工科大学、プラハ工科大学、UCLバートレット、グラーツ工科大学(TU Graz)、チューリッヒ工科大学、Tsinghua University(精華大学)で学術経験があり、またザハ・ハディド・アーキテクツ、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、Bjarke Ingels Group(BIG)、コーン・ペダーセン・フォックス(KPF)、Bart//Bratke、URBAN BETAでプロとして経験を重ねた講師やスタッフも参加します。

原文投稿者: Jody Mills

2022年6月22日水曜日

Lark - スペクトル照明 - v1.0公開


ZGFDr. Mehlika Inaniciワシントン大学とのコラボレーションでスペクトル照明のツールセット、Larkを発表し、新たなマイルストーンに到達しました。

Lark v1.0 は設計者や照明デザイナー、研究者がサーカディアンライトの測定基準を採光ワークフローの中で計算するのに役立つ、同業者の審査を受け、検証されたGrasshopper用プラグインです。

Lark(ヒバリ)は空の色やガラス、建物の材質を3チャンネルまたは9チャンネルのスペクトルデータに基づいて定義し、メラノピック等価照度および輝度を計算できるようにしてくれます。

今後の公開予定:
Lark v2.0 – 2022年夏
Lark v3.0 – 2022年秋


詳細とダウンロード....

原文投稿者: Cécile Lamborot

2022年6月20日月曜日

船舶/マリンのためのRhino / 3日間 / 2022年8月17-19日

 

Rhino for Marine
2022年8月17-19日
Pivot Industridesign, Maridalsveien 3N, 0178 Oslo
(ノルウェー、オスロ)
費用: 10 500ノルウェークローネ
言語: ノルウェー語/英語
レベル: 初心者/中級


船体形状のサーフェスモデリング、サーフェスの解析、プロジェクトのワークフロー、プレゼンテーション用レンダリング等、船舶設計/マリンデザインで一般的なエリアをカバーするコースです。質の高いモデルやプレゼンテーションの作成に焦点を当てて行われます。


メモ: カスタマイズ可能なコースで、会社やチーム、プロジェクト専用のお申込みも可能です。
3名以上の参加があれば出張開催も可能です。


詳細...




原文投稿者: Bernat Lorente

IaaCグローバルサマースクール2022(7月4-28日)


INSTITUTE FOR ADVANCED ARCHITECTURE OF CATALONIA(IAAC)
GLOBAL SUMMER SCHOOL 2022 // 2022年4-28日


Institute for Advanced Architecture of Catalonia(IAAC)が都市の未来を形作る方法に焦点を合わせた新しい国際的な教育サマープログラムの15回目、Global Summer School(GSS)プログラムを企画しました。このプログラムはオンラインとIAACで、7月4日から28日にかけて行われます。


原文投稿者: Carlos Pérez

ADW2022 高度なデザインのワークショップ2022(イタリア、トリノ) - 7月8日


ADW2022 Advance Design Workshop 2022
イタリア、トリノ
7月8日

何年もの沈黙を破り、EPTA Design の Head of Design、Memola Luigiが新しいイベントと共に帰ってきました。

過去5回の開催は3時間程度で、白紙の状態からデザインをサポートする高度な視覚的インパクトを備えたイメージの作成まで、概念的また実際の道のりを紹介します。in

プロダクトデザイン、交通手段のデザイン、コンセプトデザイン、社会人か学生かに関わらず、圧倒的に不可欠なモデリングツールであるRhinocerosとKeyshotでのレンダリングで、ワークフローベースで実行段階を解説します。



原文投稿者: Carlos Pérez

2022年6月17日金曜日

GrasshopperとSOFiSTiKを使ったパラメトリック橋梁モデリング

 


Basic Online Training Course for Bridge Design
2022年9月27-30日
14:00 - 18:00 CET/中央ヨーロッパ時間
主催: SOFiSTiK

GrasshopperのようなパラメトリックツールやSOFiSTiKのようなFEA(有限要素解析)ソフトウェアパッケージのスクリプト機能で、エンジニアはより速く、よりクリエイティブに作業する機能を自動化することができます。加えてあらゆる構造タイプのパラメーター化や最適化に多くの可能性をもたらします。

Grasshopperと SOFiSTiK FEA を使ったパラメトリックモデリングのプロセスを全て学べるこの4週間のコースで、効果的でメンテナンス可能なビジュアルスクリプトを作成できるGrasshopperの基礎、軸を基準に橋梁構造を作り上げる SOFiSTiK Grasshopper コンポーネントの使い方が紹介されます。


原文投稿者: Delia Robalo

DesignMorphineの修士課程、22/23年度


今までに人類がデザインしたもの全てには限界があり、自分達の体がどう設計され、どう働くか、周囲の現実を経験した方法に基づいていますが、今の時代は思い描くだけでなく、テクノロジーが具体的な形にもつなげる可能性のある交差点に到達しています。 この点で未来のデザインには、一番にその未来を生きる体のデザインが必然的に伴います。挑戦は必然的に克服するための革新者やパイオニアを生み出し、求めます。解決策の実現に新しいツールや技術が必要とされ、制限や限界が交わり、平衡状態は変わるでしょう。この旅では、コンパスが人のコンディションを測定できる概念になるでしょう。住居、交通網、都市内を移動する道、都市そのものの構造も、この新しい現実に対応したデザインを考えるためには不可欠です。世界全体を構成する単位、人体を変えることにより、ただ住んでいる世界の部分的なデザインに関わるだけではなくなり、私達の住む世界全体をデザインしています。単なるデザインプロセスというものではなく、宇宙進化論です。 原文投稿者: Carla Sologuren

2022年6月16日木曜日

Rhino 7 & KeyShot 11 – KeyShotの新機能: 3D Paint

 

こちらの Simply RhinoKeyShot ビデオチュートリアルで、Phil Cook は KeyShot 11 の新機能である 3D Paint に注目しています。
3D Paint を使うと3Dオブジェクトに直接ペイントすることができ、汚れや経年劣化、腐食など、任意のテクスチャをジオメトリの一部に追加する素晴らしい手段になります。
Rhino 7 でモデリングした鋳造サンプルを使ったビデオで、3D Paint を使いながら KeyShot 11 でテクスチャを追加する方法をステップバイステップで紹介している他、プロセスをやりやすくする Rhino 7 での最初のモデルのセットアップ方法もご覧いただけます。

原文投稿者: Delia Robalo

2022年6月15日水曜日

Cake Houses: 木造のモジュールハウス


Cake Houses はチェコのスタートアップで、小さな戸建て住宅の設計方法や建て方を壊そうと考えています。パラメトリックデザインとCNC加工機を使うことでデザインや建設にかかる時間を劇的に削減することが目標で、複数の供給業者や請負業者と取り組む複雑さ等、建設業界で特に大きな問題に対抗しようとしています。

GrasshopperShapeDiverによって簡単に素早く、楽しい方法でデザインを3D表示/検証しやすくすることができます。

記事の全文はこちら...


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年6月13日月曜日

Grasshopper ブログシリーズ(Packhunt.io)


Grasshopperの知識を深め、次のステップへ移ろうとされている方へのお勧めです。

Packhunt.io ブログシリーズをフォローするとヒントやコツ、チュートリアル等、Grasshopper関連の全てが見つかるでしょう。

Packhunt.io はGrasshopperで、他のパラメトリックアプリも念頭に置いて開発されました。

Packhunt.io を使うと独自の 3D Grasshopper モデルをアップロードすることができ、例えば会社のウェブ環境に統合すればオンラインでいつでもアクセス可能になります。

原文投稿者: Carlos Pérez

Rhino/ GrasshopperのためのPython レベル1 、7月6–8日(McNeel ヨーロッパ)

 


Python level 1 programming for Rhino/ Grasshopper
オンラインワークショップ
講師: Long Nguyen
2022年7月6-8日
10 AM–5 PM CEST/中央ヨーロッパ夏時間
McNeel ヨーロッパ、Zoom開催

Pythonは3DモデリングからWebプログラミング、科学計算、AI(人工知能)等多くの分野で幅広く使われ、人気を増しているプログラミング言語です。現代的なプログラミング言語としてシンプルでクリーンな構文を備え、初心者でも非常に利用しやすくなっています。

RhinoとGrasshopperがPythonを公式にサポートしていることから高度なNURBSエンジンに不可欠な機能の全てを含めパワフルなモデリング環境にプログラムでアクセスすることができ、以下のような新しく素晴らしい可能性が広がります:

  • 繰り返しのモデリングタスクを自動化して効率を高めるシンプルなスクリプト/ツールの作成
  • チームの具体的な必要に応じたツールやワークフローの開発・カスタマイズ
  • そのまま使う標準的ツールでは実現できない高度なデザインアルゴリズムのプログラミング
  • クリエイティブななデザインツールとしてPythonを利用
  • 他のソフトウェアプログラムと Rhino & Grasshopper の橋渡し

コンピューター科学者であり、長年に渡って Grasshopper Python、C#のプログラミングインストラクターを務める Long Nguyen が教える3日間のワークショップの詳細はこちらをご覧ください。

参加条件: プログラミングやスクリプトの知識は不要で、RhinoとGrasshopperさえ分かっていればご参加いただけます。

オンラインコース参加費用: 395,-ユーロ(+VAT/付加価値税); フルタイムの学生および大学教員(身分証明書が必要)の方は50%の割引きがあります。お席の確保はコース費用のお支払い確認後となりますのでご注意ください。

定員: 25名。規定の人数に満たない場合、コースは15日前にキャンセルとなります。

コース言語: 英語

学生/教員向けのお席は限られています。
お申込みの方は弊社
McNeel ヨーロッパまで、メールでご連絡ください。


原文投稿者: Verena Vogler

2022年6月10日金曜日

Rhino 7 を使った"3Dジュエリーモデリング" オンラインコース - Rhino3D.Education

  



Dulce Chavez はジュエリーを中心にプロダクトデザインにも関わるインダストリアルデザイナーで、McNeelマイアミチームの一員でもあるART認定Rhinoトレーナーです。

ジュエリーデザインと3Dモデリングの基礎を学んでアイデアを実現につなげる 新しいオンラインコース、Rhino 7 を使った "3D Jewelry Modeling"Rhino3D.Educationで提供しています。

ジュエリー業界は世界的に成長を続けており、新しいアイデアを取り入れた創造性とデザインは欠かせません。Rhino はアイデアに制限のない、極めて重要なデジタルジュエリーモデリング ツールです。

ジュエリーのデザイン、製作、モデリングについて学びたいとお考えの方に最適なコースです。


このコースはまだWIP(ワークインプログレス)のため、早期割引きを提供しています。50%オフで Chapter 7 までご覧いただくことができ、Chapter 11 まで毎週新しいレッスンを追加していきます。どうぞご都合に合わせてストリーミングをご覧ください。

この割引料金には人気の"Rhino 6 and 7 Intermediate(Rhino 6 /Rhino 7 の中級)" オンラインコースへの無料アクセスが含まれます。

WIPの間に "3D Jewelry Modeling" コースを "Rhino 6 and 7 Intermediate" オンラインコースを含め $49.95($135.90相当)で手に入れましょう。


さらに: 完了時には修了証をお受け取りいただけます。今のうちにどうぞご利用ください。certificate





Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。




原文投稿者: Andrés González

2022年6月8日水曜日

New: 都市開発のためのアプリ、SIMO





都市開発向けのソフトウェア、SIMOが公開されました。

Spatiomaticsが開発したSIMOは、学際的な都市開発チームのために統合されたデータ駆動コラボレーションをサポートします。

SIMOには3つのアプリ、Rhinoプラグイン、Grasshopperコンポーネント、スタンドアロンの Data Dashboard が含まれ、いつものようにRhinoでモデリングし、Grasshopperに全てバックグラウンドで処理させ、ユニークなUIM.jsonファイルをリアルタイム解析とデータビジュアライゼーションに向けてストリーミングすることができます。

SIMOは国際的な都市開発とコンピューテーショナルデザインの深い専門知識を備えた熱意あふれたチームによって作られました: "SIMOとUIM は私達が常々必要としていたツールです。私達は活発な開発途上にあり、企業顧客の皆様から素晴らしいフィードバックをいただいて、開発プロセスを通してオランダの TU Delft(デルフト工科大学)で展開されています。SIMOを構築する中ですぐ、都市の情報モデル(Urban Information Model、別名CIM、CityBIM)を表す利用可能なアーバンオントロジーもアーバン データスキーマもないことに気付いたため、UIMデータモデルとスキーマ、また業界の慣行や他の関連スタンダードの最良部分から独自のUIMグラフィックス標準をゼロから作り上げました。"

詳細は Why SIMO and UIM? または SIMO Documentation をご覧ください。

SIMOの詳細はSpatiomaticsで、価格およびライセンス情報はこちらで、またRhinoのパッケージマネージャーやfood4Rhinoでも情報をご覧いただけます。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2022年6月3日金曜日

IntraLattice、Chimpanzee、Treesloth、DroidがShapeDiverに追加されました!


Grasshopperファイルをウェブ上でホスティング、公開、共有できるオンラインプラットフォームのShapeDiverは先日、新しいGrasshopperプラグイン、 IntraLatticeChimpanzeeTreeslotDroidを追加しました。これでPufferfish、Karamba3D、Kangaroo 2、OpenNest、Weaverbird、MeshTools等のポピュラーなタイトルを含め、サポートするサードパーティプラグインは33になりました。

詳細...


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年6月2日木曜日

Monoceros Modularity V1.0 ウェビナー、DesignMorphine

 

2022年7月2日、3 PM - 8 PM
オンラインウェビナー

Monoceros Modularity V1.0 は Monoceros for Grasshopper を通した離散集合の世界を紹介し、パーツのデザインからのみ生み出される実現可能な建築形状について、その方法の本質的な理解を提供します。MonocerosはRhino/Grasshopper向けの一連のツールで、モジュール間の空間的関係をユーザー定義のルールセットで拘束できる個別モジュールでエンベロープを最適な形で埋められるようにしてくれます。Wave Function Collapse アルゴリズムを使うとデザインや建築、都市計画で発生する個別集合体の建築的問題に対し、素早く革新的なソリューションが提供されます。

詳細とお申込み...


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年5月27日金曜日

WOOD-SKIN: ビスポークのウッドパネル

WOOD-SKIN® は完全にカスタマイズできる2つの製品、Mesh Sheets と Fold Panels を提供するイタリア企業です。 創業は2013年で、複雑な3Dサーフェスのアイデアと実現の間にあるギャップを埋めてくれます。

このインタビューではパラメトリックデザインとデジタルファブリケーションをどう使い、世界中のクライアントにユニークなデザインのウッドパネルを提供しているかが紹介され、チーム、製品、デザインやその実現の挑戦的側面、またカスタマイズのソリューションを提供してくれるShapeDiverの使い方を知ることができます。

インタビュー全文はこちらでご覧いただけます...

原文投稿者: Carla Sologuren

2022年5月26日木曜日

"建築家のための Rhino & Grasshopper"、無料オンラインワークショップ(HowToRhino)- 2022年6月6-16日


建築やデザインに携わり、建築向けにRhino、Grasshopper、Rhino.Inside Revit 学びたいとお考えの方のために、HowToRhinoワークショップRhino & Grasshopper for Architects2022年6月6-16日に行います。

基本的な形、よりオーガニックで流動的なジオメトリをモデリングする際のRhinoの効率的な使い方、初心者向けにやさしく学べるアプローチでGrasshopperを使い始める方法、パラメトリックモデリングの論理的背景を理解する方法 に焦点を合わせたワークショップです。

弊社McNeelの最新テク、Rhino.Inside RevitでGrasshopperのパラメトリックデザインとRevitのBIMをシームレスにつなぐ方法も紹介されます。

ワークショップビデオ4本、ライブストリーミング4回、Q&Aセッション2回が予定されています。

このワークショップはオンラインで行われ、無料で参加できますが、定員がありますのでお早めにお申込みください。



原文投稿者: Carlos Pérez

2022年5月25日水曜日

Automated Automata V1.0 ウェビナー、DesignMorphine

2022年6月25日、3PM-8PM UTC/協定世界時
オンラインウェビナー

Automated Automata V1.0 は中級レベルのセルオートマンの基本を1D、2D、2.5D、および3Dのワークフローで、C#とGrasshopperを使って探索します。

詳細とお申込み...

原文投稿者: Carla Sologuren