2022年11月24日木曜日

Rhino.Inside.Revit オンラインワークショップ、 1月16-18日(McNeel ヨーロッパ)

 

Rhino.Inside.Revit オンラインワークショップ
講師: Junghwo Park
主催: McNeel ヨーロッパ(バルセロナ)
2023年1月16-18日、10 am-5 pm CET/中央ヨーロッパ時間

2009年以降、AutodeskのBIMソフトRevit Revitと、弊社McNeelの Rhino/Grasshopper との相互運用を実現し、使いやすさやパフォーマンス(スピード)、拡張性に関して様々なレベルの成功を収める多くのサードパーティプラグインが開発されています。

参加条件: Rhino、Grasshopper、Revitの基礎知識が必要です。

オンラインコース参加費用: 395,-ユーロ(+VAT/付加価値税); フルタイムの学生および大学教員(身分証明書が必要)の方は50%の割引きがあります。お席の確保はコース費用のお支払い確認後となりますのでご注意ください。

定員: 25名。規定の人数に満たない場合、コースは2週間前にキャンセルとなります。

コース言語: 英語

学生/教員向けのお席は限られています。
お申込みの方は弊社
McNeel ヨーロッパまで、メールでご連絡ください。

原文投稿者: Verena Vogler

2022年11月18日金曜日

新しいチュートリアル: glTFファイルをGrasshopper(とShapeDiver)で作成する方法

 



#glTF 2.0 形式は3Dの標準フォーマットになりました。(Blender、SolidWorks、Revit、Cinema4D、Maya、SketchUp等)幅広く使われているソフトウェア、および(Unreal Engine、Unity、Babylon.js、Three.js等の)3Dエンジンにサポートされています。Grasshopper用プラグイン、 のおかげで、glTFファイルをGrasshopper経由で作成できるようになりました。

Edwin Hernandez が新しいビデオチュートリアルをShapeDiverチャンネルに投稿し、glTF形式についてやGrasshopperでglTFファイルを作成する方法、ファイルを使える場所(Facebook、SketchFab、Shopify、メタバースでも!)について説明しています。

原文投稿者: Delia Robalo

Solid Skins V1.0 ウェビナー - DesignMorphine(2023年1月22日)


2023年1月22日

Solid Skins V1.0 はRhinoceros、Blender、Unreal Engine 5 を利用したゲームエンジン対応のキャラクターを作り出す完全なプロセスを紹介します。

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年11月15日火曜日

Grasshopper - LIRA-SAPR Live Link


Liraland グループBIMモデルの構造解析が LIRA-SAPR ソフトでできるプラグイン、Grasshopper – LIRA-SAPR Live Link を公開しました。

Grasshopper - LIRA-SAPR Live Linkをお試しになりたい方は、
LIRA-SAPR 2021 のデモバージョンをご利用いただけます。

ご質問やフィードバックはメールでどうぞ: support@liraland.com


原文投稿者: Carlos Pérez

CrossGems - 新しいジュエリープラグイン



CrossGemsはCADの技術的知識がなくても、あらゆる複雑なモデルを簡単に素早くデザインできるようにしてくれる、プロフェッショナルなジュエリーソフトです。


原文投稿者: Carlos Pérez

2022年11月10日木曜日

Computational Design: NEXT 12 オンラインカンファレンス


Computational Design: NEXT 12 オンラインカンファレンス 2022年12月10-11日 主催: ParametricArchitecture(PA)、DesignMorphine(DM)

Computational Design: NEXT は本格的なオンラインカンファレンスとしても提供できるオンラインの学習プラットフォームを作り出す、コンピューテーショナルデザインで世界トップレベルのエキスパート達のジョイントプロジェクトです。コンセプトデザインとその複数のサブセットに焦点を合わせたトップクラスのメディアプラットフォームの1つ、ParametricArchitecture(PA)は示唆に富み、関連性のあるスピーチを通し、世界中のオーディエンスに向けた会話や意見交換、チュートリアル、メンタリングを含むイベントを開催します。 2日間のカンファレンス開催中、Computational Design: NEXT 12 はあらゆる業界のプロやパイオニアを集め、アート、建築、デザイン、製造の新興技術に出会い、議論を深めます。


詳細 ...

原文投稿者: Delia Robalo

Rajaa Issa のACADIA受賞と賛辞について



先日ペンシルベニア大学で行われたカンファレンス、2022 ACADIA& Conference Hybrids & Haecceities で、弊社ソフトウェア開発者の1人である Rajaa Issa が Teaching Award of Excellence を受賞しました。

この賞は建築におけるデジタルデザインの革新的な教え方、主に他の教育者が取り入れることのできるアプローチを評価するものです。

後に続く女性達に道を開いてくれたことへの感謝を伝える女性達に、Rajaaは何度も呼び止められたといいます。

Rajaa Issa は建築のコンピューテーショナルデザインにおいて多才な開発者、研究者、教育者で、弊社 Robert McNeel & Associates のソフトウェア開発者として建築デザインおよびファブリケーションプロセスをサポートするソリッドモデリングとサーフェス編集ツールを構築しました。コンセプトパネリングと複雑なサーフェスを有理化する世界初のツールの1つ、PanelingTools の開発者であり、コンピューテーショナルデザイン手法の新しいプログラムを確立した NewSchool of Architecture & Design では非常勤教授を務めています。彼女の教授法はクリエイティブなデザイナー達の直感的思考とアルゴリズム思考のギャップを埋める、数学、アルゴリズム、ファブリケーションの確かな基礎知識を構築します。またパラメトリックデザインやコンピューテーショナルデザインの基礎をまとめた、出版物学生にもプロにも人気の一連の出版物を執筆。インクルージョンや知識の利用しやすさに対する強い信念から、彼女の業績は全てアクセス可能にしています。

ACADIAの賞に関する詳細はこちらのウェブページでご覧いただけます。

ACADIA(Association for Computer Aided Design in Architecture)はデジタルデザインの研究者とプロフェッショナルの国際的なネットワークで、デザインの独創性、サステナビリティ(持続可能性)、教育を推奨しながら建築、プランニング、建築科学におけるコンピューテーションの役割に対する批判的調査を促します。




原文投稿者: Sandy Mcneel

2022年11月3日木曜日

2Shapes Design 4 for Rhino リリースのお知らせ

 


2ShapesチームがジュエリーデザインのRhino用プラグイン、2Shapes Design 4 for Rhino を公開しました。RhinoGoldやClayooを作った業界リーダー達によって開発され、ジュエリーデザインのプロのあらゆるニーズを解決しながら何年もかけて学んだ経験が全てまとめられた新しいバージョンです。

2Shapes 4 for Rhino には多くの機能向上や新機能が搭載され、現在市販されている中でも特にパワフルなプログラムの1つになっています。

詳細...


原文投稿者: Delia Robalo

2022年11月2日水曜日

Construsoft と Optinave について


Construsoft はBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)ソフトおよび関連サービスでトップレベルのサプライヤー/開発者です。

金属構造のデザインを計算し、最適化する知識を紹介できる無料のオンラインアプリを作りたいと思いつき、Grasshopperがパワフルなツールであることは分かっていましたが、ウェブブラウザで誰でも見られるようにファイルをオンラインでホストする方法が必要でした。彼らはShapeDiverにはその機能があり、しかもKaramba3DGeometryGymといったサードパーティプラグインも使えることに気付きました。

こちらのインタビューではShapediverがConstrusoftのチームと話し、パワフルなオンラインツール、Optinaveにまつわるトピックを取り上げています。

インタビューの全文はこちら...

原文投稿者: Carla Sologuren

2022年10月27日木曜日

V-Ray 6 for Rhino 7 ビデオチュートリアル(SimplyRhino UK)

新しい Simply Rhino V-Ray ビデオチュートリアルで、V-Ray 6 for Rhino と Rhino 7 を使って簡単に建築関連のシーンを作成、編集、レンダリングする方法が紹介されています。



原文投稿者: Carlos Pérez

2022年10月25日火曜日

フットウェアのデジタルモデリング- オンラインコース

  


Rhino 7 を使ったフットウェアのデジタルモデリングのオンラインコースが英語版でもご覧いただけるようになりました。まだWIP(ワークインプログレス)で新しいチャプターを週単位で追加している限定期間中、50%オフでご覧いただける特典もご用意しました。

初心者向けですので、このコースでフットウェアデザインと3Dモデリングの基礎を学び、アイデアをデジタル空間に作り出せるようになるでしょう。あらゆる靴のデザインに必要なスキルを身に付け、バーチャルプロトタイプの開発やツールの巧みな利用に専念できるRhinoコマンドの使い方を学べるトレーニングです。



追加情報: コース完了時には修了証をお受け取りいただけます。どうぞご利用ください。

ご質問等ございましたら、どうぞメールでお問い合わせください:
Dulcedulce@mcneel.com


Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。

原文投稿者: Andrés González

2022年10月20日木曜日

Rhino Grasshopperを使ったサーフボードシェイプ | Web Shaping Bay & ShapeDiver



ブラジルの建築家でポルトガルに住むサーファー、Rodrigo Aranha Lopes はパラメトリックデザイン、クラウドコンピューティング、サブトラクティブマニュファクチャリングを活用し、サーフボード製造の変革を目指すこの授賞プロジェクトを作り出しました。


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年10月18日火曜日

CondorShell | Grasshopper、Rhino、Revit、SAFE 相互運用 - 構造エンジニア向け


構造設計プロセスを始める際、ジオメトリの定義には一般的に2つのアプローチがあります: RhinoとGrasshopperを使って複雑なパラメトリックジオメトリを作ることができますし、あるいはRhino.Insideのパワーを活用してジオメトリを直接Revitに転送することができます。

今度はCondorShellを使うことでエンジニアがジオメトリやデータをRhinoやGrasshopperから簡単に SAFE V20.3.0 へエクスポートできるようになり、構造解析やデザインをさらにスピードアップさせてくれます。CondorShellを使うと、CSI SAFE でスラブと基礎の設計における作業を自動化するワークフローを作成できます。

CondorShell は Artificial Intelligence Optimization Software, LLC(AIOS)からリリースされたGrasshopperベースのコンポーネントで、CondorShell 1.0.0 が10月10日に公開され、ダウンロードできるようになっています。

CondorShell はBasic(ベーシック)、Pro(プロ)の2つのバージョンがあり、豊富なドキュメンテーションの他、ショートビデオをサンプルを含め、CondorShellの全コンポーネントの使い方を分かりやすく解説しています。どちらもより効率的なワークフローを確立し、デザイン中の貴重な時間を節約することができます。
  • CondorShell Basic: Rhinoのパッケージマネージャーを使うことで利用可能な無料バージョンで、SAFEモデルの作成をサポートする20のコンポーネントが搭載されています。ビデオチュートリアルでは2分弱で、無料版CondorShellのインストール方法をご覧いただけます。

  • CondorShell Pro: CondorShellの全機能を体験するには、ご自身のSAFEモデルで複雑なジオメトリの作成を手助けしてくれる54の追加コンポーネントを提供する有料バージョンにアップグレードすることができます。Proバージョンをアクティベートする方法は3分程のビデオチュートリアル、Installing CondorShell でご覧いただけます。

コメントやフィードバックについてはメールでお送りください: support@aiosciv.com 

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年10月11日火曜日

サステナブル(持続可能)な都市 - オンラインコース、11月14-16日(McNeel ヨーロッパ)

 


Sustainable Cities Online Workshop
2022年11月14-16日
10 AM–5 PM CET/中央ヨーロッパ時間
McNeel ヨーロッパ主催(Zoom開催)

急速で人為的な気候変動と急速な都市化の時代にあって、都市は指針を示し、アクションを取り入れながら建設的な変化の牽引役になることもできます。都市のふるまいや代謝を理解することは、気候問題の解決に向けた意味のあるデザインに進むため極めて重要です。


参加条件: RhinoおよびGrasshopperの基礎知識が必要です。

オンラインコース参加費用: 395ユーロ(+VAT/付加価値税); フルタイムの学生および大学教員(身分証明書が必要)の方は50%の割引きがあります。お席の確保はコース費用のお支払い確認後となりますのでご注意ください。

定員: 25名。規定の人数に満たない場合、コースは2週間前にキャンセルとなります。

コース言語: 英語

学生/教員向けのお席は限られています。
お申込みの方は弊社
McNeel ヨーロッパまで、メールでご連絡ください。

原文投稿者: Verena Vogler

2022年10月10日月曜日

8週間でパラメトリックデザインを学ぶ8つの基本ステップ(by Learngrasshopper.com)



8 Fundamental Steps to Learn Parametric Design in 8 Weeks
2022年11月8日 - 14:00-15:30 PM CET(中央ヨーロッパ時間/GMT+01)
費用: 100% 無料


この100%無料で提供されるオンライントレーニングセッションで、Learngrasshopper.comの Krzysztof Wojslaw が全く初めての状態からステップバイステップでパラメトリックデザインを学ぶプロセス全体を詳しく説明します。



原文投稿者: Carlos Pérez

2022年9月30日金曜日

Rhino Grasshopper ファイルを拡張現実(AR)で表示させる方法


Edwin HernándezShapeDiver とモバイル機器の力を借り、GrasshopperファイルをARに表示させることがどれほど簡単かを紹介しています!

ビデオの全編をこちらでご覧いただけます...


原文投稿者: Carla Sologuren

2022年9月29日木曜日

Contorted Compositions V2.0 ウェビナー、DesignMorphine



Contorted Compositions V2.0 は極小曲面の概念とRhinoceros、Grasshopper、3ds Max を使ったポリゴンモデリングとの組み合わせに基づく、形状探索の手法を一通り紹介することが目的です。

原文投稿者: Carla Sologuren

2022年9月26日月曜日

Fluidic Expressions V1.0 ウェビナー、DesignMorphine

Fluidic Expressions V1.0 Webinar
2022年11月6日、3PM-8PM UTC/協定世界時

Fluidic Expressions V1.0 は流動性を完全に表したイメージの提示、その形、Rhinoceros SubD を通したロジックに焦点を合わせます。

詳細...

原文投稿者: Carla Sologuren

2022年9月21日水曜日

macu4: 3D印刷された義手


Macu4はスイスのスタートアップで、パラメトリックデザイン3D印刷を使って義手の作り方を根本的に変えてしまいました。以前から提供されている物は重くて高いというだけでなく、プロセス全体に時間がかかりすぎていました。パラメトリックデザインを使うことで患者さんそれぞれの前腕を簡単にカスタマイズし、3D印刷で各パーツを製造して全体の工程期間を短縮できることが、彼らには分かりました。唯一欠けていたのがウェブサイト上にある彼らのGrasshopper ファイルをホストし、患者さんそれぞれに合わせた製品ファイルを出力できるソリューションでした。どのように解決したのか、どうぞ記事でご覧ください。

記事の全文はこちら...

原文投稿者: Carla Sologuren

GrasshopperとBIMの連携とプラグイン

 


Rhino.InsideとGrasshopperの様々な統合について素晴らしいリスト、BIM in Grasshopper Ultimate Software List を見つけました。BIM Corner のこの投稿には、TeklaやRevit、Archicad、BricsCAD、Quadri、RhinoInsideCadwork、VisualARQ、Geometry Gym、MKS BEAM の情報も含まれています。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2022年9月15日木曜日

Àgora València(by Arqueha + Miguel Arraiz)


バレンシアの都市3か所の気候遷移の Plan Zero コーディネーター、Arqueha studio は、プレハブとサステナビリティのパラメーターに適用するプロジェクトの技術的進歩が変化する中にあります。BIMの手法とパラメトリックデザインを通したデジタル化で、ユニークな建物の実現が可能になりました。

GrasshopperとRevitを連携させる Rhino.Inside Revit がこれに役立ち、ラックを構成する1,000以上のピース1つ1つに異なる属性を持つジオメトリと関連するパラメーターの両方を生成することができました。

高レベルのディテールを示し、同時に複数の手段で生み出される工業化された要素を適合させられる精密さを備えた Ágora València のようなプロジェクトは、Rhinocerosを利用しなければ不可能だったでしょう。


原文投稿者: Carlos Pérez

シンポジウム – Robots That Build. The Extensions of Man - アイントホーフェン工科大学(2022年10月20-21日)


Vertigo Building, Eindhoven University of Technology, Eindhoven, NL
オランダ、2022年10月20-21日

2日間のシンポジウム、Robots that Build. The Extensions of Man が開催されます。

このシンポジウムはアイントホーフェン工科大学准教授の Cristina Nan、Sergio M. Figueiredo が企画し、工芸と工芸に重点を置いたテクニック、マルチマテリアル技術の枠組みの中でロボティックファブリケーションを検証します。


原文投稿者: Carlos Pérez

2022年9月14日水曜日

トレーナー向けトレーニングのワークショップ - 2022年10月25-27日



Training for Trainers Workshop

2022年10月25-27日
10 AM-2 PM
McNeel ヨーロッパ、オンライン開催


Rhino経験が豊富で認定Rhinoトレーナーとしての公認を目指している方のために、Giuseppe Massoni を講師にMcNeel ヨーロッパ&がオンラインで認証ワークショップを行います。


ヨーロッパ、中東、アフリカ地域での認定Rhinoトレーニングのプログラム詳細についてはこちらをご覧ください...

コース費用: 195ユーロ(税別)

お席は非常に限られていますので、どうぞお早めにお申込みください。


原文投稿者: Bernat Lorente

Grasshopperで非視覚的照明をシミュレーション


Grasshopperプラグイン、Lark Spectral Lighting の新バージョン

関係する理由

私達の目には2つの機能があります: 見ることを可能にし、それ以外にも複数の心理的、生理的(非視覚的)反応の調整も行っています。目に届く光は概日リズムを調整し、覚醒状態に影響を与えます。私達は屋内で過ごす時間が長いですから、建物の設計者には健康的な屋内照明を提供する責任があります。現在、この課題に対応しやすくしてくれるシミュレーションツールが公開されています。

Larkシミュレーションツールの新バージョン

Lark Spectral Lighting 2.0 はfood4Rhinoで公開され、新しい機能やコンポーネント、テンプレートで非視覚的な照明デザインを研究することができます。建築家、デザイナー、研究者が概日リズムや覚醒状態への照明デザインの効果を検証するのに役立つプラグインです。

Lark 2.0 のアップデートに含まれる内容:
  • 昼光および電気照明のシミュレーション
  • CIE(α-opic metrics)に従った照明の非視覚的効果に関連する分光放射照度と出力メトリクスの計算
  • 非視覚的効果に関係する、光が人の目に届く方向を考慮した解析ワークフロー
  • 光駆動の生物学的モデルに基づいて覚醒状態を最適化するための解析と光にさらされる時間のシミュレーション

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年9月13日火曜日

VisualARQ, Flexible BIM Tools for Rhino - 新しいオンラインコース





Rhino用プラグインの新しいオンラインコース、VisualARQ Flexible BIM Tools for RhinoRhino3D.Education(by Francesc Salla)で公開しています。

FrancescはバルセロナにあるAsuniCADが開発したRhinoceros用のBIMと景観デザインのプラグインソフト、VisualARQ および Lands Design の Product Manager です。

ル・コルビュジエの代表作、サヴォア邸がこのコースのモデルに選ばれ、VisualARQRhinoを使った建築モデリングのワークフローをステップバイステップで紹介しています。受講生は複数のVisualARQコマンドや機能について学ぶことができます。

多くはVisualARQが焦点になっているビデオですが、Rhino経験が少しあればすぐについて行けるコースです。ある程度Rhino経験があれば役立ちますので、どうぞこちらの無料コース、Rhino入門をご利用ください。

VisualARQ, Flexible BIM Tools for Rhino コースは100%無料ですが、正式な修了証をお受け取りになりたい方は以下の手順に従って進めてください:

  1. コースを通して開発したものと同じ最終プロジェクトをご提出ください。
  2. 修了証発行の費用をお支払いください。

2022年12月31まではこちらのコードで修了証費用が50%オフになります: VISUALARQ50

修了証の費用をお支払いいただいた後、プロのインストラクターが提出されたプロジェクトを審査し、評価を行います。基準を全て満たしていた場合、コース修了の承認を受けることができます。




Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。


原文投稿者: Andrés González

2022年9月7日水曜日

Adaptive Parts Environment、新しいGrasshopperプラグイン


ダイナミックブロックのような… ただ、より良いというだけ

Grasshopperの知識がなくても、誰でもGrasshopperのパラメトリックパワーにアクセスできるはずですから、Rhenso GmbH はユーザーフレンドリーなUIで誰でも簡単に操作できる、ダイナミックなジオメトリとプロパティを備えた複数のオブジェクト、Adaptive Parts for Rhino 3D を開発しました。

ユーザーは自分がどのツールを必要としているかよく分かっていて、ほとんどの市販CAD製品はそれを提供していません。ですからこのプラグインは、それぞれのニーズに合わせてワークフローを向上させられる独自のツールを、誰もがデザインできるよう作られています。

アダプティブパーツはダイナミックブロックに似ていますが、よりパワフルでGrasshopperを使って思い描き、構築できるものならほぼ何にすることもできます。

アダプティブパーツ(Adaptive Part)の利用にGrasshopperの知識は必要なく、作成するものはそこにあります。

アダプティブパーツはGrasshopperで作成され、デザインとプロセスの知識を共有可能で閉じたビットにまとめられています。チームのメンバーには関係するパラメトリックだけを公開して共有することができ、(時には混乱の元となる)Grasshopperのキャンバスを見せる必要はありません。

詳細はこちらのウェブページをご覧ください...
YouTubeVimeoのチャンネルも、どうぞご覧ください...

"Adaptive Parts Environment プラグインは現在ワークインプログレス(WIP)で、活発に開発を進めています。新機能を追加中で、WIPリリースの都度、ユーザーからのフィードバックを取り入れています。製品化に向けて安定性と機能が整うのは2022年末頃の予定です。"

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年9月6日火曜日

V-Ray 6 for Rhino ベータ


ワークセッションでのV-Rayアセットを扱いやすくなった V-Ray 6 for Rhino のベータ版に搭載された新機能を、一足先に全て試せるようになりました。

Rhinoで編集可能なマテリアルを備えたあらゆる.vrsceneファイルをインポートできるV-Rayシーンのインポーターが実装され、Rhino 7 および Rhino 8 での両面マテリアルのサポートも実装されています。

V-Ray 6 for Rhino はリアルタイムのEnscapeシーンを、シームレスに#VRay およびプロシージャルクラウドシステムへ取り込む機能も含まれています。


原文投稿者: Carlos Pérez

2022年9月2日金曜日

Rhino 7 を使ったフットウェアのデジタルモデリング- オンラインコース

 


Rhino3D.Education新しいオンラインコースができました。

Rhino 7 を使ったフットウェアのデジタルモデリング - スペイン語
英語版は近日公開医予定です...

Valeria Palacio がこの新しい オンラインコースの作者で、彼女はインダストリアルデザイナー、ART(認定Rhinoトレーナー)で、コロンビアのRhinoFabStudioの一員でもあります。



フットウェアのデザインを学び、知識を深めたいとお考えの初級から中級レベルに最適のコースで、 あらゆる靴のデザインに必要なスキルを身に付け、バーチャルプロトタイプの開発やツールの巧みな利用に専念できるRhinoコマンドの使い方を学べるトレーニングです。

2つの入門プライスをご用意しました:


オプション1: WIP(ワークインプログレス)の間にRhino 7 を使ったフットウェアのデジタルモデリングのコースを単一で購入する場合、入門プライスで50%オフになります。

入門プライスのご利用はこちらで、チェックアウト時にクーポンコード CALZADO50 を入力します。


オプション2:  早期割引きバンドルで新しいデジタルフットウェアコースに、特に人気の高いコース2つを追加できます。
Rhino 7 を使ったフットウェアのデジタルモデリング + Rhino中級 + Rhino 7 を使ったSubD にアクセスすることができ、3つのコース全て(175ドル相当)を90ドルでご利用いただけます。

バンドルのお申込みはリンク先をご覧ください。
メモ: コースは3つともスペイン語です。





追加情報: どのコースも完了時には修了証をお受け取りいただけます。


ご質問等ございましたら、メールで Valeria valeria@mcneel.com )までお問い合わせください。



Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。

原文投稿者: Andrés González

2022年8月31日水曜日

Packhunt.io YouTubeチャンネル | Grasshopperの新しいビデオ


長年に渡るRhino&Grasshopperファンで Packhunt.io(クラウドネイティブのパラメトリックプラットフォームでデジタルサービスのマーケットプレイス)開発元である White Lioness technologies が、一連のビデオチュートリアル: Grasshopper Explained Series を通してコミュニティに知識を公開しています。

Grasshopperの知識を深められるYouTubeチャンネルです。どうぞご覧ください。

チャンネルを登録すると新しいビデオの公開時にはお知らせも届きます。

原文投稿者: Carlos Pérez

2022年8月18日木曜日

Revit for Rhino+GH Users - 新しいオンラインコース

  

Rhino3D.Education では新しいオンラインコースを公開しています: 
"Revit Essentials for Rhino and Grasshopper Users"

新しいオンラインコース、Revit for Rhino+GH Users の作者、Niloofar Zaker の自己紹介: サステナブル建築で修士号を取得したコンピューテーショナルデザイナーで、弊社 McNeelマイアミチームの一員でもあるART認定Rhinoトレーナーです。建築の経験があり、RhinoとGrasshopperを使ったパラメトリックモデリングの実務経験も豊富で、さらにPythonや環境解析、Revit、BIMの指導経験もあります。 このような経験を共有し、皆様にも役立てていただければ幸いです。

新しいコース、"Revit Essentials for Rhino and Grasshopper Users" はまだWIP(ワークインプログレス)のため早期割引きでご利用いただくことができ、週単位で新しいチャプターも追加予定です。

こちらの早期割引きには人気の "Rhino 6 and 7 Intermediate" と "Computational Design with Grasshopper" オンラインコースを含めた 3つのコース全てがセットで$90.00($184.90相当)となっており、期間限定でご購入いただけます。




追加情報: どのコースも完了時には修了証をお受け取りいただけます。今のうちにどうぞご利用ください。



Rhino3D.EducationではRhino、Grasshopper、コンピューテーショナルデザイン、GhPython、PanelingTools、RhinoCAM、V-Ray等、様々なオンラインコースを提供しています。どうぞご覧ください。

原文投稿者: Andrés González