2016年3月14日月曜日

形を変えるマテリアルのワークショップ – 2016年4月8-10日、パーソンズ美術大学・ニューヨーク


Shape Changing Materials
Finding creative garment applications
2016年4月8-10日
Parsons School of Design
6E 16th street, NY, 10003

(ニューヨーク)

講師

  • Efilena Baseta - 建築エンジニア、Noumenaのパートナー
  • Grace Jun - パーソンズ美術大学のデザイナー/研究者
  • Jaskirat Randhawa - パーソンズ美術大学の博識デザイナー/研究者


WearshopsNoumenaパーソンズ美術大学(MFA DT)と共同で、インタラクティブなウェアラブルのプロジェクトの可能性を探り、スマートマテリアルの使用に代わる方法を見つける3日間のワークショップ、Shape Changing Materials を開催します。

"Shape Changing Materials" ワークショップは衣服あるいはウェアラブルに対応するコンピューテーショナルデザインとデジタルファブリケーションを使ったスマートマテリアルを集め、参加者はRhinoceros と Grasshopper を使った3Dモデリング/コンピューテーションがベースのアプローチで、素早く反応して形を変えるマテリアルを試します。

ハンズオンのプロトタイピングとともに、参加者とワークショップのゲストにはデジタルシミュレーションのマテリアルを生成するコードも提供され、最終的には形を変えるマテリアルのプロトタイプを完成させ、衣服の挙動をつかみます。
詳細のお問い合わせ:
Noumena | efilena@noumena.io または Wearshop | wearshopsny@gmail.com

0 件のコメント: