2015年5月8日金曜日

Hummingbirdのアップデート

Hummingbirdがそのプラグイン、Grasshopperの一連のジオメトリコンポーネントに、RevitとRhinoジオメトリの間で双方向のコミュニケーションを作成するアップデートを加えました。
  • RevitとRhinoの双方向サポート。この新しい機能でRevitからの出力を読み込み、Rhinoでジオメトリを作成できるようになりました。
  • Revit 2015(および2014)をサポート。
  • 単位: Whitefeet ModelBuilder ツールに、インポート時にメートル法、あるいはその他のカスタム単位を指定できるようになりました。
  • もうExcelは必要ありません。シンプルなCSVテキストファイルを使って読み込みと書き出しができます。
Hummingbirdを通せばRhinoのプリミティブジオメトリからRevitへの変換が大幅に簡易化され、リンクや参照オブジェクトは必要ありません。プロジェクトの期間に合わせ、編集を加えられるRevitモデルのダウンストリームが、これで可能になります。

0 件のコメント: