2019年9月17日火曜日

手なずけられたデータ駆動デザイン - ケーススタディ



外部データやコンピューテーションのプロセスを統合するRhino用の新しいデザインツールを開発するため、 HDRProving Ground とどのように連携したのかをブログで公開しています。このスマートなデザインソフト、Data Wrangler(データ ラングラー)は(データをカウボーイのように集め、世話をする)その名の通り、デザイナーがデータ駆動の手法を使って自由に建築物を作成、解析し、デザインのアイデアについて影響を評価できるようにしてくれます。

デザインプロセスの中で Data Wrangler をRhinoと一緒にどう使っているか、HDRがブログで説明しています。どうぞご覧ください。


原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: