2019年9月20日金曜日

AECbytes プロジェクト概要: ジュエル・チャンギエアポート

この春シンガポールの空港に新しく、ジュエル・チャンギエアポートがオープンしました。世界一高い屋内の滝と上に広がる半透明の卵形グリッドシェルの屋根のユニークなデザインが特徴です。

AECbytesプロジェクト概要で、プロジェクトディレクター/BuroHappoldの構造主任の Cristobal Correa がジュエル・チャンギエアポートで使用したソフトとAECテクノロジーについて説明しました:

"エンジニアリングチームはジュエルの複雑なデザインを最適化するため、多くの高度なアプリケーションソフトやビルディングインフォメーションモデリング(BIM)ツールを使いました。SAP2000でグリッドシェル内の深さを変える他、解析の再実行、必要に応じたマテリアルの追加を試すことができ、この解析には弾性および非弾性の振舞いが含まれます。Oasys GSA はそれらの計算の独立したチェックを可能にしてくれました。またエンジニアリングチームはBIMにRhinoを、デザイン候補の素早い生成にGrasshopperも使いました。

これらのソフトウェアプログラムを使うことで、プロジェクトチームのワークフローは飛躍的に向上しました。例えばRhinoは、BuroHappoldと Safdie Architects のデザイナーとの間でシンプルにデータ交換ができるようにしてくれました。Grasshopperでスクリプトを作成することで、BuroHappold は構造の鋼要素を特定したり解析向けにSAP2000へインポートもできるジオメトリファイルを生成しながら、共有されたファイルを操作できるようになりました。要素が形成された後はRhinoでの評価も可能でした。

最終的にRhinoファイルは構造図の根拠として使われる3Dの押出モデルの作成に使われ、行ったり来たり複雑でしたが高度なソフトがその方法を楽にしてくれました。"





原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: