2019年4月12日金曜日

ICERMワークショップ: ジオメトリとトポロジーを描く

滑らかな多面サーフェスでの正則ホモトピーの閉塞
画像: Albert Chern、Ulrich Pinkall、Peter Schröder.




ICERM(Institute for Computational and Experimental Research in Mathematics)

9月16-20日
ブラウン大学
米国ロードアイランド州プロビデンス

ジオメトリとトポロジーの研究におけるビジュアライゼーション、コンピューターを使った試み、理論的進歩の相互関係に焦点を当てたワークショップです。

これらの相互関係には従来の作業の実例と新開発に向けたインスピレーションの両方を提供するアニメーションやコンピューター画像、物理的モデルで長い歴史があります。バーチャルリアリティ(VR)のように新しく生まれたビジュアライゼーション技術は、数学的イラストや実験的手法に使えるツールをさらに作り出すでしょう。

ICERM は数学的ビジュアライゼーションテクニックを扱うエキスパートと、研究にそのようなツールを取り入れたいと考える研究者を一堂に集めます。ジオメトリとトポロジーを解説する中で新しいコラボレーションやイノベーションも促しながら、移り変わりの激しいこの分野で最先端の明確なイメージを提供するワークショップです。

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: