2017年6月14日水曜日

Flux - Rhino用の新しいアプリ!



Flux for Rhino が公開されました! 

Fluxはそれぞれが好みのAECソフトウェアパッケージを使いながらチームでのコラボレーションを可能にするため、世界中で利用されています。

新しい Flux for Rhino アプリをインストールすると、以下のような機能を利用することができます:
  • Flux connector アプリを使い、RhinoからRevit等へ、といったプラットフォームを越えた双方向のモデル共有。
  • Flux for Rhino と Flux Site Extractor アプリを使い、トポグラフィー、道路、建物を数秒でRhinoへ直接インポート。
  • Flux for Rhino でジオメトリを Flux Data Explorer アプリ に送れるようになり、公開リンク経由でオンライン表示/共有。
  • Flux for Revit からRhinoへ、ジオメトリを直接受信。
Fluxは点、NURBS曲線/サーフェス、.3dm形式のBREPを含むRhinoの様々なジオメトリタイプをサポートしています。Flux Rhino アプリの詳細はドキュメンテーションのページで紹介され、サポートされるジオメトリのリストをご覧いただけます。

こちらの短いYouTube動画で、RhinoからRhinoへの最初のライブ接続を設定する方法が紹介されています。このワークフローは、2人以上のRhinoユーザーが世界のどこにいても広げることができます。

Fluxは様々なコネクタ/生産性アプリを増やしていますから、新しいワークフローの構築に役立ちます。Fluxは皆さんがこの新しいRhinoアプリをどう利用されるかを知りたいと熱意を持っていますので、どうぞTwitterLinkedIn、あるいはFacebookのソーシャルメディアアカウントを通してフィードバックをお寄せください。

始めるためには:
無料ウェビナーにサインアップしましょう。初回は6月20日に行われました。


0 件のコメント: