2017年4月6日木曜日

Intelligent Tectonics V2.0 ワークショップ – 7月8-15日、アテネ(ギリシャ)


Intelligent Tectonics V2.0 Workshop
2017年7月8-15日
DeCode fablab
Agiou Thoma 9 and Halkidonos 52 corner
Athens, 11527(ギリシャ、アテネ)


Intelligent Tectonics V2.0
は形状探索でのデザイン戦略の適用と、空間のロッドストリング構造全体に張った膜トポロジーのファブリケーション方法に焦点を合わせます。

コンピューターを使った高度な形状をデザインする物理シミュレーション、パネル化のテクニック、最適化ツールを学ぶ他、デジタルファブリケーションの手法を通したマテリアルの表現を実現します。カテナリー、極小曲面、テンセグリティー構造 で知られる建築家の作品を再訪し、アテネのDeCode fablabで天井に常設するインスタレーションを提案するために物理的/デジタル研究のモデルを作り上げます。

応用コンピューテーショナルデザイン戦略と、そのコンセプトから実現までのプロセスに関心のある建築家、デザイナー、アーティストを、スキルレベルを問わず対象にしているワークショップです。

Grasshopper
Rhinocerosかメインツールとして使われる他、デジタルシミュレーションの開発ツールとしてKangaroo、構造解析にKaramba3D、最適化にOctopusが使われます。

早期お申込みは2017年5月8日まで受け付けられています。
お申込みの最終締切は2017年6月8日です。

原文投稿者: Elena Caneva

0 件のコメント: