2016年7月5日火曜日

アマゾンでのAA出張スクール: Digital Vernacular、2016年8月

ヴァナキュラー(その土地固有)でない屋根タイプの赤外線サーモグラフィー



Lake Mamori, Amazonas
2016年8月22-28日

小さなコミュニティ、Mamori Lake(ブラジル)に最近電気が通った影響を調査した後、今年のエディションはこのような変化が電気のある現実に対応し、熱帯雨林の環境に高度に適応させた新しいタイプのヴァナキュラー建築にどう特徴付けられるかを探ります。バイオミミクリーの原則、デジタル計測機器、データ収集/解析、デジタルデザインツールを使うことで、参加者はその地域に住む人々を目前に迫ったデジタル革命に備えさせながら、彼らの新しい必要性にダイレクトに応える新しいタイプの"メゾン・トロピカル・デジタル”を提案します。

ワークショップについて:
ワークショップはアマゾン熱帯雨林の真ん中、 Mamori Lake のほとりにあるシンプルですが心地良い木造ロッジで行われます。最初の調査日は解析やデータ収集で、参加者に驚くべきアマゾンの生態系を発見する可能性と、この地域コミュニティとの交流を提供します。社会的、神話的、経済的、自然環境が、デザインプロセスを特徴付ける可能性のある、新たなパターンの発見に重ね合わされるでしょう。植物や昆虫、動物の一部が持つ戦略を調査し、自然と建築との類似性を解明することを目指します。

詳細...

参加資格:
このワークショップは建築/デザインの現役学生、Phd候補者、若手専門家を対象にしています。

お申込みの締め切りは2016年8月8日です。詳細はオンライン申込みページをご覧ください。

0 件のコメント: