2019年12月18日水曜日

簡単なGrasshopper用JSONサポート、JSwanのお知らせ



Human、Human UI、MetaHopperを作った Andrew Heumann が、Grasshopper向けにJSONシリアル化/逆シリアル化を提供するjSwanをリリースしました。

JSwanとは何でしょう? JSwanはJASON形式のデータで作業ができる、一連のGrasshopperコンポーネントです。Grasshopperのコンポーネントロジックやデータ構造と直感的に連携するようデザインされ、オープンソースです。ソースとドキュメンテーションはこちら: http://github.com/andrewheumann/jswan 19

JSON、Java Script Object Notationはデータ転送や保存のための軽量フォーマットで、サーバーからウェブページへデータを送る際によく使われます。Grasshopper内でJASONを使う利用はたくさんありますが、いくつか挙げてみましょう:
  • ウェブとの連携: ウェブサービスやAPIからのデータはたいていJSON形式で送受信されます。
  • Grasshopper/Rhino形式のジオメトリを、あらゆるプログラムが理解できる構造形式に変換します。C#、JavaScript、Python、その他ほとんどの言語はJSONデータを読み書きできます。
  • オブジェクト指向のGrasshopper。JSONでエンコードすることでカスタムのオブジェクトタイプを構築します。多くの並行データストリームに対応するより、関連するプロパティを取り込む再利用可能なクラスターを独自に作成しましょう。

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: