2019年9月23日月曜日

Crystallon バージョン2—Grasshopper向け格子構造



RhinoとGrasshopperを使って格子構造を作成するオープンソースプロジェクト、Crystallonのバージョン2が公開されました。

バージョン2の新機能の一部を紹介します:
  • AbaqusやCalculiXのようなFEAパッケージへエクスポートするユーティリティ。
  • ビーム、シェル、4面体要素のエクスポート。
  • 硬い素材に切り込みを入れ、展開可能な3Dサーフェスに曲げられるようにする格子ヒンジを生成するコンポーネントを備えています。
  • サーフェスの曲率を計算して平らなサーフェスに曲げる方向へパターンを適用し、CNCやレーザーカットの加工ができる状態にするツール。
Crystallon バージョン2 はfood4Rhinoから無料でダウンロードしていただけます。ニュース、チュートリアル、新しいツールについては www.fequalsf.com をご覧いただくか、Instagramで @fequalsf をフォローしましょう。


原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: