2019年8月15日木曜日

Rhino用 写真測量ファイル転送

Rhinoの背景イメージと重ね合わせたCADデータ、オリジナルと調整済みの写真の違い

レーザースキャンの代わりに写真測量の利用を検討しても良いかもしれません。

写真測量は通常ターゲットに適用される、選択された点の3D座標を生成し、その点をRhinoにエクスポートしてRhinoの点と一緒に扱います。

そのためにはまずターゲットを適用し、様々な場所の写真を用意し、コンピューター上で画像を処理し、その結果をRhinoにエクスポートするでしょう。
PhotoModelerを使うと、Rhinoのワークフローに写真測量を統合することができます。解決済みのカメラ位置、回転、歪みのない画像の背景を、Rhinoのネイティブ形式(.3DM)でインポートしましょう。

PhotoModelerは以下を含む、多くの機能を備えています:
  • ジオメトリ(2Dおよび3Dの点、線、サーフェス、テクスチャ、NURBS、レイヤ、マテリアル)、カメラ位置および向きのデータ、2種類の背景イメージを含む総合的な Rhino 3DM エクスポート
  • NURBS、サーフェス、テクスチャ等を含む完全な3Dモデルの転送
  • 両方のプログラムで同じレイヤとマテリアルを操作
  • 正確なスケールと座標系の転送で寸法も正確に
  • プロジェクトの注記をRhinoの注記に転送
  • 正投影の画像背景をRhinoに設定
  • 2Dパターンやテンプレートを扱い、カメラベースでデジタル化
  • 各オリジナルのプロジェクト写真向けに正確なカメラビューを転送
PhotoModeler Technologies のブログ投稿で、RhinoとPhotoModlerおよび写真測量を使うヒントをご覧いただけます。



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: