2019年7月12日金曜日

Insole Designer とRhinoCAMを使った矯正用フットウェアのデザイン




イタリアに本拠を置く Duna Srl は市販のフットウェア製品の他、運動機能にハンディのあるクライアント向けにオーダーメイドの矯正用フットウェアを製造するグローバル企業です。

DunaはRhinoプラグイン、Insole Designer を開発しました。ナレッジベース、テンプレート、特化したRhinoユーティリティを使ってインソールデザインのプロセスを迅速化するCADプログラムで、正確で完全な 3D NURBS ポリサーフェスモデルのインソールが、最終的な靴の中に収められる状態で完成します。

CAMソフトについては、Dunaは MecSoft Corporation のRhinoCAMを使っています。

Insole Designer はインソールの統合データベースと、専門ツールおよびユーティリティを一式組み合わせたテンプレートを使い、処方されたインソールを作成します。

Insole Designer は他のインソールプログラムと違い、上下の輪郭を完全にぴったり合わせてインソールを作り出します。上部は患者の足のスキャンに、底部と外側の輪郭はDuna製の矯正靴にフィットし、追加されるインソール材は最低限しか使わずにオーダーメイドの完璧な結果を生み出します。

詳細はこちらでご覧いただけます: RhinoCAM does Custom Orthotics in Italy! 

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: