2019年1月21日月曜日

Rhino 6 用の新しいリリース - Orca3D バージョン2


Orca3D Version 2.0 が発表されました。Orca3Dでは初めて Rhino 6 向けに最適化されたバージョンです。


Orca3D 2.0 には以下を含む、多くの機能も追加されています:
  • 浮上性船体にリフティングストレーキを作成する便利な方法を提供する新しいコマンド、OrcaCreateStrake が追加されました。
  • 展開可能な船体形状を作成する、新しい Orca3D Hull Assistant が追加されました。
  • Orca3D Ship Hull Assistant が拡張され、生成された船体ジオメトリにバルバスバウ(球状船首)を組み込むことができるようになりました。
Orca3D 2.0 で新しく向上した機能の詳細や今後の予定については、Orca3Dのブログでご覧いただけます。












原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: