2019年1月22日火曜日

Grasshopperを使った高度なパラメトリックテクニック、ニューヨーク




2月9-10日(土曜&日曜)
ニューヨーク

Design Lucidity が上級Grasshopperコースを予定しています。超高層ビルの非常に複雑なファサードシステムの作成を、Grasshopperを使って集中的に探るシリーズで、系統的に定義するパラメトリックファサードにとっての大きな制約を解説する、既存のケーススタディを生かしたカリキュラムです。

スケルトンモデリング、データツリーの構造、データの抽出、クラスタリング、パフォーマンス分析といったトピックをカバーし、組み合わせて総合的なパラメトリックデザイン思考の可能性にスポットを当てます。さらにデザインにおける主要システムの1つ1つを、パフォーマンス分析に合わせてデザイナーがユーザー定義機能をカスタマイズできるようにしながら、詳細度をレベルアップします。このワークショップで紹介されるワークフローは、参加者が様々なデザインの問題に応用できるパラメトリック手法の知識を利用できるようになることを意図して作られています。

メモ: 受講前にそれぞれがお使いのノートパソコンに必要なソフトをインストールしてお持ちください。(必要なソフト: Rhino、Grasshopper)



0 件のコメント: