2019年1月22日火曜日

オリジナル家具のデザインと製品化を合理化


カリフォルニア州オークランドにある MU Form は、現代的な住居やオフィス向けに家具製品をデザイン、製造し、卸しています。MU Form はよく曲線や流れるようなサーフェスを多く組み込みながらオリジナルの作品を作り出そうと努力していることから、椅子やストール、テーブル等で様々な形を作ることができ、この業界では特に幅広く使われる素材の1つ、ハイクオリティの曲げ合板を主に使っています。

以前はプロトタイプの物理モデルを海外の工場に発送し、木型を作るためにルーターデュプリケーターでモデルをリバースエンジニアリングしていました。このプロセスだと何度も試作して誤差もあり、湾曲や表面の微調整で効率性に欠けていました。

最近は3Dモデル作成サービスをカリフォルニア州パロアルトにあるArtecに委託するようになり、ワークフローは次のように変わりました:

  • 家具デザイナーが作品の物理的プロトタイプを作り上げる
  • プロトタイプをリバースエンジニアリング用に Artec Eva で3Dスキャン
  • Rhinoでの輪郭作成に未加工の点データを使い、曲率や半径の微妙な差異を全て精密にモデリング
  • 3Dモデルは工場にメールで送信され、そのファイルから直接精密なCNCの金型を作成

結果はプロトタイプの不具合を取り除く最低限の修正を加えられた最終モデルで、型の作成にかかる時間は60-90日から20日になり、節減は10-15%に達すると見込まれています。



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: