2018年4月4日水曜日

V-Ray for Grasshopper について

Chaos Groupが最新バージョンの V-Ray for Rhino に V-Ray for Grasshopper を搭載しました。

あるデザイナーが V-Ray 3.6 for Rhino を使い、Grasshopperでフォトリアリスティックなイメージをどう作成したのかをご覧ください。Imago Design 創始者の Jan Kokol が V-Ray for Grasshopperで、新しい内容とそれが彼のワークフローをどう変えたのかを説明しています。

なぜこれが重要なのでしょう? この統合が実現するまで、Grasshopperで作成されたジオメトリはRhinoでレンダリングする前に全てRhinoのジオメトリに変換する必要がありました。V-Ray for Grasshopper でそれが不要になり、GrasshopperのジオメトリをGrasshopperで直接、完全なV-Rayクオリティでレンダリングすることができるようになりました。

V-Ray for Grasshopper をぜひお試しください。V-Ray for Rhino は30日間の無償評価版をダウンロードしていただけます。.

Jan Kokol の話した内容については V-Ray for Grasshopper explainedでご覧いただけます...

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: