2016年12月7日水曜日

Rhino for Windows と KeyShot 6 を使ったレンダリング - Simply Rhino UK のビデオ


 
Simply Rhino UKKeyShot for Rhino を紹介し、Simply Rhino のシニアインストラクターである Phil Cook の指導で腕時計の基本的なレンダリングを通しで行うビデオチュートリアル、"Rendering with KeyShot 6 and Rhino for Windows - An Introduction" を公開しました。
 
練習のスタートは腕時計のRhinoモデルです。コンポーネントは全て水密性のソリッドとしてモデリングされ、それぞれのコンポーネントのセットは個別のレイヤにまとめられているため、例えば時針、分針、秒針が異なるマテリアルでレンダリングされるエリアに分けられます。KeyShotはデフォルトでレイヤ毎にマテリアルを適用します。

もし Rhino for Mac をお使いでしたら、Simply Rhino UK は Rhino for Mac 用KeyShotのチュートリアルを後日制作予定ですので、こちらのページはチェックしておくと良いでしょう。
 


原文投稿者: Andres Gonzalez

0 件のコメント: