2016年11月28日月曜日

BMW、将来のビジョン



BMWは未来に向けた実験車両のデザインで100周年を迎え、3月にミュンヘンオリンピックホールで行われた Centenary Event でコンセプトカーを初披露しました。

デジタルとアナログが一緒に作業する世界を可視化しながら、独特な2つのオペレーティングモード、Ease(イーズ)とBoost(ブースト)を、次の100年に向けた Vision Next 100 に組み込みました。Ease(イーズ)は自動運転車の世界に向けた完全な自動運転システムで、Boost(ブースト)は現在のBMW運転でお馴染みの、ドライバーがカスタマイズできるモードです。

サーフェスの処理には BMW i を思い出させるものと未来的な要素が含まれ、センサーで活性化された800もの三角形のモザイク、Alive Geometry(アライブ・ジオメトリー)がダッシュボードに広がるダイナミックなアナログディスプレイを形成します。この動く三角形は車両周辺のものに反応して赤く変わり、ドライバーに危険の可能性を知らせます。コンセプトは外装パネルが照明の状態に合わせ、またエネルギー効率を向上させるよう自動的に変化する多くの現代的なビルのようです。アライブ・ジオメトリーのパターンを開発するのため、RhinoとGrasshopperが使われました。



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: