2016年3月8日火曜日

Arena4D for Rhino Render プラグインと新しいビデオ


Veesus Ltd が、Rhinoのレンダリングパイプライン内で点群モデルの非常に解像度の高いイメージを生成する点群のレンダリングプラグイン、Arena4D for Rhino Render を公開しました。一度イメージが生成されると被写界深度など効果を加えるRhinoのビルトインツールを適用することができます。

Arena4D for Rhino Render プラグインで点群データにアクセスするには Arena4D for Rhino のインストールが必要です。

soem Leica P30 データのサンプル画像のダウンロードはこちら

新しいビデオEditing Tip 1Editing Tip 2Brightness, Contrast and Colouring


  

Arena4Dとは? Arena4D は膨大なPointCloudやGISデータの視覚化、活用、アニメーションに特化した、急成長中のソフトウェア製品です。あらゆるスキャナーから取り込んだ点群データの収集、位置合わせ、解析、リバースエンジニアリング、動画作成、提示、あるいはただ表示させるだけでも、Arena4Dは理想的な独立メーカーのビジュアライゼーション製品です。


0 件のコメント: