2016年2月12日金曜日

ラピッドプロトタイピングのためのRhino – ロンドンでのワークショップ


Rhino for Rapid Prototyping
FabLab London、英国ロンドン
5月30-31日

Bryan Oknyansky がラピッドプロトタイピングに関する2日間のワークショップを行います。


Rhinoでのデザインプロセスに異なるプロトタイピング技術の様々な必要条件を組み込む方法を学べるコースです。モデルのプロトタイピングの正常性を解析するシンプルなタスクから、コスト効率を高めるサポート構造のデザインや3Dパーツのネスティングといった複雑なタスクまでカバーし、画面上の見た目と(持てる大きさであれば)手に取った時とのギャップを埋めるRhinoの高度な一面を2日間のコースで紹介します。

様々なプロトタイプを対象に、以下の方法が紹介されます:

  • 3DプリンターやCNCマシンを使ったプロトタイピングのためにモデルを配置
  • 最初のプロトタイピングの成功率を上げるモデルプロパティの解析
  • メーカーのテンプレートをインポートし、モデルのパーツをエクスポートできるよう整理
  • モデルのパーツを様々な形式にエクスポート
  • Rhinoのメッシュツールを使って製造向けにパーツを最適化


Bryan が行うRhino、Grasshopper、プロトタイピング、建築、インテリアデザイン、ファッションに関するワークショップはこちらでご覧いただけます。

0 件のコメント: