2016年1月14日木曜日

CL3VER 3.3 - 新しいアプリ、向上したRhinoプラグイン


CL3VER 3.3 にはモバイルクオリティの大幅な強化と、インターネット接続がなくてもCL3VERのプレゼンテーションを再生できる機能を備えた2つの大きなアップデートが含まれています。

新しい CL3VER App はPC、Mac、iOSに対応、無償です

建築やエンジニアリングのプロジェクトでは、会議室やイベント会場、建設現場のようにインターネット接続が利用できない、あるいはつながりにくい状況で提示することがよくあります。新しい CL3VER App を使うとWindows、OS X、iOSのデバイスにプレゼンテーションを保存することができ、インターネットが使えなくても開くことができるようになります。このアップデートで、プロジェクトは場所を選ばず、いつでも提示しやすくなるでしょう。ビデオ...

Retinaデバイスでトップクオリティのビジュアル

モバイルブラウザで表示のクオリティを維持することは明らかに困難でした。それも過去の話となり、RetinaディスプレイのモバイルデバイスでのCL3VERプレゼンテーションは著しく向上しました。CL3VERのビューアはRetinaディスプレイを備えたiOSデバイス(iPad Air や上位機種)、WebGLをサポートするモバイルブラウザを使ったAndroidデバイスで、ネイティブに動作するよう最適化されています。

Rhinoプロジェクトからのインポートが向上

向上した Rhino to CL3VER プラグインは両面および滑らかなサーフェスをサポートするようになりました。ノードマテリアルのインポートが向上し、また反射マップの向きに関連する既知のバグは修正されました。機能向上および修正点の詳細は CL3VER 3.3 リリースノートでご覧いただけます。

0 件のコメント: