2015年12月9日水曜日

MecSoft、RhinoCAM 2016 をリリース

MecSoft が Rhino 5 for Windows 向け統合CAMソリューションの最新バージョン、RhinoCAM 2016 をリリースしました。

RhinoCAM 2016 には RhinoCAM-MILL、RhinoCAM-TURN、RhinoCAM-NEST、RhinoCAM-ART の4つの CAM モジュールが含まれています。それぞれが Rhino 5 for Windows に統合され、個別の購入/ライセンスが可能です。

新機能の一部をご紹介します:
  • 機能向上: 2軸、3軸、4軸MillingおよびTurningツールパスの方法
  • 機能向上: Cut Material Simulation、Tooling、Feeds/Speeds
  • 機能向上: プログラミングタスク自動化向けの Knowledge Bases
  • キャビネット製造のツールパスをプログラミングしやすくするキャビネットメーカー用ユーティリティ
  • 機能向上: RhinoCAM-NEST モジュール
"RhinoCAM 2016 は一貫してユーザーの期待を越えているCAM製品をさらに改良しました。このリリースではプログラミングタスクの自動化を重視しながらツールパス生成方法の向上にも引き続き焦点を合わせており、公開できることを誇りに思います。" -- MecSoft Corporation 社長/CEO、Joe Anand





0 件のコメント: