2015年9月25日金曜日

Eyas for Grasshopper

Eyasは前処理、後処理、並べ替え、オブジェクトの関係についてデジタルワークフローを定義するために、Grasshopperを中心となるまっさらなキャンバスにするソリューションを提供することでGrasshopperを強化します。

Eyasは主に、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)関連のソリューションのためのAEC業界向けです。

EyasはネイティブのGrasshopper、Rhinoのドキュメントオブジェクトどちらのデータ操作についても、待機時間の少ないソリューションを提供します。Eyasはオブジェクトの属性、データテーブル、辞書を使い、NoSQLアプローチを使っています。データはキー値、フィールド名、フィールド値の方法を使ってメモリに保存されます。Excelが強固に統合され、データ操作の前処理や後処理を提供します。


0 件のコメント: