2015年9月28日月曜日

海洋(マリン)デザインのトレーニング - オスロ(ノルウェー)by Pivot Produktdesign AS

Rhino for Marine at Pivot Produktdesign AS
ノルウェー オスロ、10月30日 - 11月1日


コース概要: このコースは与えられた課題に最適な戦略を選び、Rhinoを最大限活用することに焦点を合わせます。

船体モデリング、モデルのクオリティ、サーフェス解析に特に注意を払います。

構成: 
3日間のコースで、Rhinoの基本的なおさらいから始めます。その後ハイクオリティなCADモデルを作成する様々なツールの利用とトポロジーに移り、水に浮かんだ船のレンダリングが優先上位であれば Maxwell Render もカリキュラムに加える可能性があります。
このコースは調整可能ですので、リクエストに応じて個別のモデリング課題を含めることも可能です。

参加条件: 
最低3ヶ月のRhino使用経験またはMcNeelのRhino レベル1 トレーニングを修了していることが必要ですが、他のモデリングソフトでの経験があればRhino経験がないまたは浅い方でもカバーできるでしょう。

レベル: 初級/中級

トレーナー:


Fredrik Wenstop - インダストリアルデザイナー、認定Rhinoトレーナーで、建築とプロダクトエンジニアリング両方の経験があります。


インダストリアルデザイナーとして、オスロにある Snøhetta Architects で働いている間に建築スキルを身につけました。それ以降は複数の建設プロジェクトに関わり、ノルウェーで複数の建築/デザイン事務所でトレーニングコースを行っています。

Liam Woolley - 自動車の分野で学んだデザインエンジニアです。


専門分野は製品の開発とプロトタイピング、建築分野での特殊なファブリケーションです。レンダリングやビジュアライゼーション、3Dモデリング、FEAを用いた最適化についても長い経験があります。


0 件のコメント: