2015年9月11日金曜日

竜の鱗をファブリケーションする方法

2015年ミラノ万博のために作られた万科パビリオンのねじれた形状は、英国の構造エンジニア企業 Ramboll UK Limited の素晴らしい挑戦です。

Ramboll は竜の鱗のようなセラミックタイルのパターンを単純化するため、設計事務所の Studio Daniel Libeskind と一緒に取り組みました。Ramboll はタイルのサイズと形状を12パターン未満に減らすため、Rhino、Grasshopper、Planktonで作業しました。社内のメッシュ生成を使い、複曲面を解析し、形状の代わりに重なりをわずかに変化させました。

ミラノ万博は2015年10月31日まで開催されています。

構造の詳細は Arch Daily で...

0 件のコメント: