2015年4月10日金曜日

最新の OctaneRender for Rhino


GPUアクセラレートで物理的にも正確な高速レンダラー、OctaneRenderがOctane for Rhinoの新機能と追加内容を発表しました:
  • カメラモーションブラーを使ったOctaneRender for RhinoでRhinoのレンダリングをフライスルー
  • カメラとオブジェクト/頂点ブラーを使うOctane Standaloneでのレンダリング用にBongoのアニメーションをエクスポート
  • レンダリングパスの追加(トータルで38)
    • Diffuse、Reflections、Refraction、Transmission、Subsurface Scatteringを含むBeautyパス
    • Normals、Position、Z-Depth、Material ID、UV Coordinates、Tangents、Wireframeを含むInfoパス
  • Object ID および Environment
    • Geometry Layer パス
    • Shadowパス
    • Lightパス
  • Octane Standalone ローカルマテリアルライブラリへのアクセス機能
  • Rhinoの平行投影カメラをサポート
  • Octaneレンダリングエンジンに多くの調整とパフォーマンスの向上を追加
Octane 3 に追加予定の機能も発表されましたこれには以下が含まれます:
  • OpenCLのサポート
  • ボリュームレンダリング
  • OpenSL(Open Shader Language)
  • Deep Pixel レンダリングおよびテクスチャベイキング

0 件のコメント: