2015年3月6日金曜日

ギターのボディをRhinoCAMで作る、新しいチュートリアル

Creating-Guitar-Body-RhinoCAM

Creating a Guitar Body with RhinoCAM with Taylor Hokanson
Lynda.com で新しいコースを公開

楽器を自分で作りたい、コンピューターを使って実際の製品を作るとどうなるのか知りたい、という方に向いているコースです。教育者/DIYエンジニアのTaylor Hokansonが、CNC加工機でのファブリケーションができるよう、エレキギターのボディ/ネックの3Dモデルを用意するRhinoCAMの使い方を紹介します。このプロジェクトは反転加工、プロファイル、ポケット、水平粗加工、平行仕上げを含む様々なテクニックを含み、ピックアップのようなサードパーティのコンポーネントに合わせてモデルを調整する方法を紹介します。

含まれるトピック:
  •  モデルの設定と編集
  •  反転加工のためのブリッジ追加
  •  様々な2軸および3軸加工の工程
  •  複数のツールパスのシミュレーションとトラブルシューティング

0 件のコメント: