2015年3月5日木曜日

Computational Design and Digital Forming - サンパウロ(ブラジル)での講義とワークショップ


2015年3月、サンパウロにあるUniversity of CampinasのLaboratory of Automation and Prototyping forArchitecture and Construction(LAPAC)が、FAPESP(サンパウロ研究ファンド)の支援で行う現代建築の研究プロジェクト、Contemporary Architecture and Automation, Practice and Reflectionの一環でドイツ人建築家Peter Mehrntensの訪問を受けます。

Mehrtens氏は3月23日(月)、School of Civil Engineering, Architecture and Urban Design - FECで学生と地域住民を対象に公開講座(Application of digital forming processes in contemporary architecture)を行います。また同じ週、ワークショップ(Introduction to parametric modeling and scripting of building envelopes for digital fabrication)の間も教える予定です。

Peter Mehrtensは建物外面をカスタマイズするFile to Factoryファブリケーションやコンピューテーショナルデザインのスペシャリストです。

公開講義:
2015年3月23日(月)
School of Civil Engeneering Auditorium
7:00 PM

ワークショップ:
2015年3月23、24、25、26日
LAPAC - UNICAMP
9:00am-12:00pm / 2:00pm-5:00pm
定員があり、登録が必要です。参加ご希望の方はWilson Barbosa (wilsonbarbosaneto@gmail.com) までご連絡ください。

Facebookへのリンクはこちら

0 件のコメント: