2015年3月5日木曜日

建築ビジュアライゼーションのワークショップ - バルセロナ


Architectural Visualization Workshop
2015年4月16-17日
スペイン、バルセロナ
  
このワークショップはRhinoプラットフォームでレンダリングを作成できるようになるために必要な知識の全てを提供することが目的で、V-Ray 2.0 for Rhinoを使います。

集中的な2日間でV-Rayプラグインを使ったRhinoでレンダリングするワークフローをご紹介します。

レンダリングの基礎で始まり、より高度な設定をカバーしてAdobe Photoshopでのポストプロダクションに向けたヒントもいくつかご紹介します。主な表現テクニックとしてレンダリングを使う、建築/インテリアのビジュアライゼーションやプロダクトデザインに関する典型的なケーススタディその他の基本的なケーススタディを発展させ、その中でV-Rayパラメーターの扱い方や通常のレンダリングワークフローでのテクスチャの作り方をご紹介します。1日目は紹介から始めていくつかの上級トピックで終え、2日目は高度な設定とポストプロダクションをカバーします。

インストラクター: Matúš Nedecký(FlyingArchitecture
言語: 英語
スケジュール: 2015年4月16-17日 // 9:00-18:00
主催: icreatiaSMDFlyingArchitecture

0 件のコメント: