2014年11月13日木曜日

RhinoでのスムーズなBIM/FEAワークフロー


GeometryGymがGSA、SAP2000、Robot、Sofistik、SCIA等、市販の構造解析ソフトにデータをインポートできるIFCへのエクスポーターをKaramba(Grasshopperの構造解析プラグイン)に実装しました。プロジェクトには多くの場合、特定の市販ソフト(あるいは認証されるソフト)が必須となっているクライアントがいます。

Karambaのデータベースを直接エクスポートできることから、(Grasshopperでコンポーネントの複製を維持したり、)代替ソフトウェアでモデルをリビルドする手間を省くことができます。

これはRhinoBIM向けにも簡単に使うことができ、(エンジニア向け機能提供の必要に応じて)VisualArqも可能性があります。構造解析は一面でしかありません。IFCはエネルギー、環境、MEP、歩行者などのシミュレーションといった違うタイプの解析情報を伝える能力もあります。


0 件のコメント: