2014年11月13日木曜日

Rhinoミーティング2014


10月29-30-31日、Rhinoの開発、販売、トレーニングに関わる人達がカステルデフェルス、バルセロナ(スペイン)に集まって最近のRhino経験を共有しました。

3DconnexionRolandWacomの後援で行われたこのイベントは、35ヶ国から集まった200人以上の参加者に知識とインスピレーションをもたらす一連のカンファレンスとネットワーキングで構成されました。 カンファレンスでカバーしたトピックにはMcNeelでの最近の開発状況(Rhino for MacGrasshopperfood4RhinoKangaroo開発ツールトレーニングとサポートRhinoFabStudio)の他、デザイン、AEC(建築、エンジニアリング、建設)、デジタルファブリケーションの分野の最新テクノロジーについてのコメントに対する公開討論のセッションもありました。

イベントの基調講演者は利用者の創造力のおかげで限界に挑戦できた、Rhinoを使った優れたプロジェクトをいくつか紹介してくださいました:


Rhinoに多大な機能を加えるハードウェアやソフトウェア製品を開発したパートナーが製品を紹介する部屋もありました。出展者:
Asuni CADCalgary ScientificChaos GroupCIMsystemCL3VERDATAKITEvolute GmbHHAL Robot Programming & ControlMachineWorks LtdmadCAM ABMecSoft CorporationNext LimitRandom ControlRhinoPipingRhinoTerrainRobots.IOTDM SolutionsVirtual Build Technologies

世界中のユーザー事例やプロジェクト、アプリケーションの話を交換しながら、誰もがRhinoコミュニティの大きさと多様性を知って刺激を受けることができました。





0 件のコメント: