2014年8月28日木曜日

大きな3D印刷


フランスのベンチャー企業、Drawnがロボットアームの3Dプリンター、Galateaを発表しました。6月にパリで行われたMaker Faire Parisで一般に初公開され、ノズルの直径を1.75mmから8mmまで変更しながら、家具を丸ごと印刷できる能力を披露しました。

Drawnはモデルの作成にRhinoを使い、Grasshopperでモデルをパラメトリックにしました。

Drawnは3D印刷した家具やその他のアイテムを販売する他、家具をデザインして印刷する方法を紹介するワークショップも計画しています。




0 件のコメント: