2014年5月29日木曜日

デジタル進行中: オプションを探る

Mathews Nielsenモデル

Mathews Nielsenのランドスケープアーキテクト、Lisa DuRusselが、Metropolisでデザインに使われる多くのデジタルプログラムを説明しています。

例としてニューヨークのPier 42を使い、デザインに使用するデジタルツールのオプションを探りますが、記事にはGISデータ、AutoCAD、Rhino、Grasshopperがどう使われたのか紹介されています。

Metropolisはデザイン、建築、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、工芸、プランニング、保存を通して現代の生活を検証する雑誌です。

0 件のコメント: