2013年12月11日水曜日

V-Ray 2.0 for Rhino公開のお知らせ

CHAOS GROUPV-Ray 2.0 for Rhinoを発表しました。新しいバージョンはV-Rayエクスプレスツールを備え、HDR Light Studioをサポートし、パフォーマンスは最高30倍にスピードアップしました。V-Ray 1.5 for Rhinoの商用版ライセンスをお持ちの方は、2.0へ無償でアップグレードすることができます。

新機能:

V-Ray RT® -最高30倍スピードアップしたGPUレイトレーシングで効率化したシーン構成とインタラクティブな応答を、直接Rhino 5のビューポートで利用できます。

V-Ray Wrapper Material - マテリアルごとに追加プロパティを指定するのに使えます。ベースマテリアルとは対照的に背景を表示するマットマテリアルを作成できるようになりました。

V-Rayエクスプレス - 200以上のマテリアルと置換可能なライティング設定に簡単にアクセスすることができるようになり、リアリスティックなスタジーシーンを作ってこれまにない速さでモデルに光を当てることができます。

HDR Light Studioのサポート - Rhinoで直接アクセスするLight Paint機能でHDR Light Studioにライブ接続。デザインに光を当てる、一番直感的で創造的な方法を提供します。


0 件のコメント: