2013年6月7日金曜日

Orca3D 1.3 リリースのお知らせ

Rhinoのパワーを
造船技師向けに利用
DRS Technologies, IncがOrca3Dバージョン1.3のリリースを発表しました。このバージョンは数多くのワークインプログレス(WIP)を経たもので、大勢のOrca3Dユーザーからフィードバックやご提案をいただくことができました。

バージョン1.3の重要ポイント(抜粋):
  • ライセンスをお持ちのユーザー全員を対象にした無償アップグレードで、期限のないフルリリースです。
  • 新しいバージョンで保存されたRhinoファイルのOrca3D情報はバージョン1.2.4以前のバージョンで読み込むことができなくなります。ネイティブのRhinoモデル情報は消えませんが、セクションの位置や重量/コスト情報など、Orca3Dの情報は旧バージョンでは見つけられなくなります。ライセンスをお持ちの方には無償のアップデートですので、この問題を避けるためにもバージョン1.3をお勧めします。
  • 今回はRhino 4と互換性のあるOrca3Dの最終バージョンになる予定です。今後のアップデート、WIP、アップグレードはRhino 5が必要になります。
  • バージョン1.3に深刻なバグや重大な問題が見つかった場合は1.3サービスリリースを出す可能性があり、その場合はRhino 4と互換性があります。
  • いくつかの新機能は開発途中で、バージョン1.3には含まれていません。(Stability Criteria Evaluation、Longitudinal Strength)
  • 新しいWIP (1.4) は近日中にリリース予定で、Stability Criteria Evaluation、Longitudinal Strength、その他多くを搭載する予定です。
  • バージョン1.3にはスタンドアロンおよびネットワークライセンスの32ビットおよび64ビットバージョンが含まれています。
 バージョン1.3のハイライト(抜粋):
  • 64ビットのネットワークライセンスバージョンをご利用頂けるようになりました。
  • Windows 8とのライセンシング互換性が向上しました。

Orca3D バージョン1.3をダウンロード...
Orca3Dについて...

原文投稿者: Keith

0 件のコメント: