2020年2月26日水曜日

V-RayをGrasshopperと使うためのチュートリアル



ArchDaily が V-Ray for Rhino チュートリアルの便利なリストをこちらの記事にまとめました:
How to Render Parametric Designs & Animations Using V-Ray for Rhino & Grasshopper

3分から5分のビデオチュートリアルで、以下の内容をカバーしています:
  • Getting started(入門)
  • Rendering an animated facade(アニメーションのファサードのレンダリング)
  • Rendering a Grasshopper shadow study(Grasshopperのシャドウのレンダリング)
  • Rendering an animated sun study(アニメーションの太陽のレンダリング)
  • Rendering an animated camera(アニメーションのカメラのレンダリング)
  • Setting camera exposure and white balance(カメラの露出とホワイトバランスの設定)
  • プラスその他のヒント



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: