2020年1月22日水曜日

Rhino3dMedical、整形外科用プラグイン



CTからセグメント化された解剖学的に正確な膝
Rhino3DMedical を使うと、医療画像の表示、解析、測定、注釈ができるようになります。3Dの画像空間で直接メッシュをセグメント化、抽出、修復することができ、ビジュアライゼーションや3D印刷に向けた準備に進めます。

アプリケーションにはインプラントデザイン、術前計画、仮想手術、生体工学、医学訓練/教育が含まれています。

詳細: Rhino3DMedical



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: