2020年1月8日水曜日

DatakitがRhinoプラグインの範囲を拡大


フランスのCADシステム向けデータ転送のスペシャリスト、DatakitがRhinoにCreoView、Revit、IFC形式に対応する新しいプラグインを追加しました。これは建築や建設の業界を対象にしたバンドルを作ることへもつながりました。

3つの新しいRhino用プラグイン

既に12種類の交換形式をサポートする Rhino 3D インポートプラグインは、10月のアップデート後に3つの新しい形式が加わって強化されました: 
  • Revit、Autodesk の建築向け 3D CAD ソフト
  • IFC、BIM(Industry Foundation Classes/IFC)向け相互運用フォーマット
  • Creo View、PTCのCreo製品の3Dビジュアライゼーションソフト

原文投稿者: Carlos Pérez

0 件のコメント: