2019年11月5日火曜日

アーバンモビリティ シミュレーションのUrbano



RhinoとGrasshopperでモビリティをモデリング/シミュレーションできるUrbanoがリリースされました。

街路網のデザインを選ぶ重要性を理解しましょう。

Urbanoは活発なモビリティをモデリングし、アメニティや通り、公共空間へのアクセスを評価できる新しいアーバンデザインツールです。
  • 地理空間データのダウンロード: 地図や観光名所のデータをOpenStreetMapsからGrasshopperへ直接ダウンロード。
  • ご自身のデータをインポート: OSMまたはシェープファイルから現状の情報のレイヤを解析し、インポート。
  • メタデータの検索と変更: メタデータを添付し、検索してパラメトリックにカスタマイズ。
  • モビリティモデルの前処理と作成: トポロジカル街路網の作成や各建物の通りへのアクセスポイント作成を含む、モビリティモデリングのステップを自動化。
  • 異なるモデルのルート探し: 歩行者、車など、異なる交通モデルを使って開始地点から指定した建物へのルートを検索。
  • TripEngineでモビリティのシミュレーションを実行。 
  • 快適性と街路の解析: 街路(Streetscore)、快適性(Amenityscore)、歩行(Walkscore)の各スコアを含む都市解析の様々な測定基準を算出。
  • CADワークフローの統合: メタデータを含むモデルのジオメトリをRhinoにベイク。他のビジュアライゼーションコンポーネントとシームレスに作業することができます。
原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: