2019年2月22日金曜日

バルセロナのガラスメーカーが技術をニューヨークへ


RhinoとGrasshopperが少々、流れるようなガラスのファサードを製作するプロジェクトで設計意図ファイルの生成に使われました。

House of Innovation 000, Nike NYC はニューヨークにあるナイキのフラッグシップストアで、2018年11月に完成しました。5番街と52番通りの角にある6階建てで、68,000平方フィート(6,300㎡)以上の波打ちながら沈み込むガラスのファサードで覆われています。

このビルがまとっているのは古い伝統を新技術に応用したものです: バルセロナに拠点を置くスペインのガラスメーカー、Cricursaは、20世紀の初旬から曲線状のガラスを専門にしています。

このプロセスの詳細は、こちらの記事でご覧いただけます: The Architect's Newspaper, Nike’s New House of Innovation Brings an Undulating Glass Facade to Fifth Avenue

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: