2018年8月22日水曜日

Droid、food4Rhinoで公開


Droid は3D印刷に関連するGrasshopperプラグインライブラリの無料アドオンで、モデルのスライス制御、カスタムパス、Gコード生成を提供します。

Droid はRhino&Grasshopper環境で充填、シェルの厚さ、キャップといった従来のスライス機能を制御できるようにしてくれる他、一度モデルがRhino&Grasshopperのワークスペースにスライスされると、完全な制御と解析を可能にしながらパスの出力と編集が利用できます。.

カスタムまたは編集したパスはDroidに戻して入力し、Gコードを準備/生成することができます。

Droidを使うとDroidコンポーネントでモデルの準備と印刷を'プラグアンドプレイ'方式で行うことができますし、あるいはカスタム入力/出力の印刷パスで、より制御された実験的な方法を選ぶこともできます。

Droid は小型のデスクトップ3Dプリンターから大規模なロボットファブリケーターまで、様々な印刷デバイスを扱うことができます。

0 件のコメント: