2018年7月23日月曜日

顎骨再建手術の構造力学


学生の Crysta Frank は手術後の顎骨再生を研究するために Scan&Solve を使っています。いつならまた安全に噛めるようになるでしょう?

Scan&Solve は治っていく顎の力学的特性について、重要な情報の解析に役立ちました。

口腔癌で手術は一般的な治療法で、腫瘍が骨に達していれば顎骨の一部は取り除かれます。Scan&Solve Pro を使い、Crysta Frank は手術に関係する顎の骨の力学的特性を研究しました。

彼女は治りかけの骨で噛んでいる時の力学的特性を比較し、下顎がどう変化し、いつなら安全に噛めるようになるか知りたいと思いました。

Crystaのコメント: "Scan&Solve はアセンブリをサポートし、このような複雑なジオメトリでは難易度が高くなりがちな下顎のモデルを有限要素に変換する必要もないので研究には理想的です。"

原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: