2018年7月25日水曜日

RhinoとBIMのつなぎ方



RhinocerosをベースにしたワークフローとBIMプラットフォームをどのようにつなぎましょう?大規模な建築事務所やAEC(建築、エンジニアリング、建設)の複数の専門分野を扱う事務所でこの需要が高まっています。何が起こっているのでしょうか? 

Rhinoは建築、建設、AEC業界を含む様々な専門分野のデザイナーにとってパワフルなツールです。課題はデザイナーやRhinoで作業をしている人達が、同じ会社で働く同僚が必要とするBIMに適合させなければならない時に起こります。

BIM はデザイナーにとって使いやすいとは思われていませんが、Enzyme Architecture Office の Eugenio Fontan は簡単に使えるものでなくても、BIMはデザインを深めてくれると主張します。

それではRhinoとBIMをどのようにつなげば良いでしょう? Eugenioは可能性のあるワークフローをいくつも探ります。
  • Rhinoceros – Grasshopper – ARCHICAD
  • Rhinoceros – ARCHICAD
  • Rhinoceros(VisualARQ)– IFC
  • Rhinoceros(Geometry Gym)– IFC
  • Rhinoceros(Rhynamo)– Revit
業界にとってこんなパワフルなデザインツールを非常に効率的でスマートなワークフローにつなぐことは、最高のデザインを達成して実現にもつながる決定的なものだとEnzymeは確信しています。


0 件のコメント: