2018年6月7日木曜日

スノーヘッタの放射状ランドスケープ




スウェーデン南部にあるルンドで、スノーヘッタがシンクロトロン放射ラボの MAX IVから放射するよう機能的に造園された公園をデザインしました。このランドスケープには地面の震動を和らげる機能があります。

検査で近くの幹線道路が地面を振動させ、ラボの実験に影響する可能性があることが明らかになりました。地形が平らであるほど振動が敷地に伝わり、雑然としている方が敷地に届く振動は少なくなります。

3Dモデリングが極めて重要であることが証明されました。スノーヘッタは振動の特質をGrasshopperに挿入する有理数値に取り出すことで、デザインのレイアウトを確立しました。交通の振動に一致する盛り土の間隔と波長パターンでのうねりは、同時にシンクロトロンの建物の円形フォームに対応します。



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: