2017年10月10日火曜日

Grasshopperでガラスを探索

完成した作品の1つ - 花瓶

McNeel & Associates の社会見学です!
スタッフの1人、Brian Gillespie が Pilchuck Glass を訪問し、Tara Broyhill と一緒に地元のアーティストとして2週間 Pilchuck Glass School に通いました。2人ともガラス細工の経験はありませんが、学校に招かれてジェネレーティブデザインやデジタルファブリケーションをアートグラスにどう利用できるか探索することができました。このプロセスの中で、2人は吹きガラスの光学とテクスチャ、Grasshopperで計算されたボロノイ図の数学を学びました。

始めはユニークなバージョンの視覚とパイナップルの型を作る方法として4つのパーツの型を探りましたが、最後には型の上で転がしてガラスにテクスチャを加えるプレートのバリエーション2つに落ち着きました。

Pilchuck Glass School は静かな森にあるため、設備はポータブルのものが必要です。彼らがファブリケーション作業のためのCNCツールとして選んだのはHandibotで、ガラスに質感を加える型のプレート製作に使われました。




0 件のコメント: