2017年10月9日月曜日

3D印刷された橋


アルコベンダス(スペイン)は3D印刷された歩行者用の橋を初めて架けた町です。Institute of Advanced Architecture of Catalonia(IAAC)が全長12m、幅1.75mでマイクロ補強コンクリートで印刷された橋の建築デザインを担当しました。

IAACはこの橋のデザインで引き続きイノベーションに取り組み、大規模な3D印刷の世界的パイオニアになろうとしています。3D印刷されたアルコベンダスの歩道橋RhinoGrasshopperを使ってデザインされ、今まで土木工学の分野に応用されたことがないことから、国際レベルの建設部門にとってマイルストーンを象徴しています。

自然の形の複雑さを反映する3D印刷の橋は、マテリアルの配分を最適化し、製造中に加工していない原料をリサイクルすることで無駄を最小限に抑えるため、パラメトリックデザインを通して開発されました。生成アルゴリズムの活用と従来の施工技術への挑戦により、コンピューテーショナルデザインは空隙率を維持しながら、完全に自由な形状で構造的耐力を最大限にすることもできました。


0 件のコメント: