2017年5月5日金曜日

Datakit - 新しいRhino用SOLIDWORKSエクスポートプラグイン


Rhino用プラグイン、Datakitでインポート/エクスポートできる形式のダイアグラム
Datakit幅広いRhinoceros向けの相互運用プラグインを完成させる、新しいRhino用NXエクスポートプラグインを発表しました。

これはSOLIDWORKSユーザーとモデルを交換したいRhinoユーザーにはパーフェクトなアドオンでしょう。RhinoにネイティブにインポートできるSOLIDWORKSファイルによって、それぞれのアプリケーション同士で双方向のデータ交換が可能になります。

このアドオンは、Datakitのウェブサイトに登録し、試用版ライセンスをリクエストすることでお試しいただけます。





Datakitについて
DatakitはCADデータ交換のソリューションとサービスに特化して1994年に設立された代表的な企業です。スタンドアロンのコンバーター、、プラグイン、SDKで、数多くのCAD形式をインポート、解析、エクスポートする機能を提供しています。Datakitは多様な製品を通して、幅広いジオメトリ/セマンティックデータ(アセンブリ、注釈、メタデータ、PMI等)を公開しています。利用者が最適なデータ転送ソリューションを選ぶことができるよう、CADデータベース移行に役立つサポートサービスも提供しています。現在、CADデータ交換ソリューションと独自のソフトを統合しているISV(独立系ソフトウェアベンダー)とも密に連携しています。

原文投稿者: Elena Caneva

0 件のコメント: